Thursday, March 5, 2015

イースターエッグ クレイワークショップのご案内

小鳥のさえずりが聞こえてくると、ゆっくりゆっくりではあるけれど、トロントの季節も春へと近づいているようです。
ちなみに、カナダ・オンタリオ州は3月8日(日)午前2時に夏時間へ移行します。
時計の針を1時間進めることになりますよ〜。

我が家では寝る直前に時計を変えます

さて、colours in bloomではイースター前にクレイワークショップを企画しています。
どなたでもお気軽に参加していただける特別価格でのレッスンとなりますので、どうぞお見逃しなく!
 
今年のイースターサンデーは4月5日


 <レッスンの内容>
癒しのふわふわソフトクレイを使って、今回はパステルカラーのイースターエッグを作り、エレガント&ラブリーなお花やイニシャルなどを飾って仕上げます。
 

<レッスン日時>
3月24日(火), 25日(水), 26日(木), 27日(金)
4月1日(水), 2日(木)

10:00~(約120分)人数、進行により前後します。

3名様以上でご予約いただいておりますが、3名様未満の場合は、他のレッスン日に合流していただける日もありますので、ご相談ください。
(最高5名様まで同席の可能性があります)

お道具類、材料は全てご用意しております。お気軽にお越しくださいませ。

<料金>  
一般$40/お一人 (カリキュラムコース会員 $35)
料金には、XLサイズの卵2個完成分の小物、クレイ等の材料費を含みます。

お家でもっと作りたい!という方に、任意でご購入いただける手作りキットもご用意いたします。
*卵セット$5(XLサイズの卵2個、ビーズ、リボン等の副資材。クレイは別売り)
*別売りクレイ(白$15/袋、各カラー$10/袋)
*事前にご予約をお願いします

<レッスン場所>
Oakville自宅教室 (最寄り交差点はDundas Street x 9th Line)
Hwy 403出口Dundas Streetより南西方面へ5分
Hwy QEW出口Ford Driveより北西方面へ10分
ご予約時に詳細をご案内します。

<お申し込み/お問い合わせ先>
colours in bloom
eメールアドレス:
misaアットマークcoloursinbloom.com
(恐れ入りますが、「アットマーク」を@に置き換えてくださいませ)
軽量なうえ丈夫なので、作品は半永久的にお楽しみいただけます
並べて眺めているだけで春色セラピー
 

ご参加お待ちしておりま〜す。
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

<ソフトクレイとは?>
樹脂を主原料とした超軽量粘土。
ノントキシックで、自然乾燥後はシュガークラフトのような質感で紙のように軽量になります。
しっとり上質で伸びがよく、色作りも簡単で作業のあいだ手を汚しません。  
マシュマロのように柔らかく、シルキータッチのクレイを指でこねたり、綺麗な色を眺めているだけで癒されます。

Monday, December 1, 2014

手作り蒟蒻ためしてみました

トロントに住んでいると、近所のスーパーで蒟蒻や白滝を買うことはできません。

いえ、白滝のような商品はあることはあるのですが・・・。
 
白滝スパゲッティ(Whole foodsやLongo'sにあります)

 低カロリー健康食品として扱われていて、お豆腐のコーナーに置いてあることが多いです。
グルテンフリーやダイエット用のパスタ代替品として、食す方もいらっしゃるのでしょうか。
お味の方は・・・白滝とは違う。

一時帰国した時に、日本で入手した「蒟蒻作りませんか」。
 
寒天本舗富澤商店 などでも入手可)
長持ちするので、蒟蒻を買い忘れた!なんてときに、お役立ち

今日はつくれぽをば。

1. ボールに蒟蒻粉を入れる
 

2. 分量のお水入れ、ゆっくり混ぜる
 

3. どろっと液状になるまで数分まぜる
 

4.  こんな感じになればOK
 

5. 型に流し込む(板こんにゃくにしない場合は、ボウルのまま放置)
 
流し込む前に、予め型を水で濡らしておきました(しなくてもくっ付かないのかな?)

6. 1時間ほど放置
 
ぷるぷるに固まった蒟蒻をそっと取り出します

7. お湯で5~10分茹で、冷めるまでそのまま放置。
 
7分でやわらか刺身こんにゃく用に

8. 冷やして切り分ける
 
手作り蒟蒻なら、お刺身にして食べられますね!

刺身蒟蒻は柔らかくて、葛餅のような食感です。
臭みがなくて美味しかったです。

一袋で通常の板蒟蒻2枚は軽く作れるのですが、蒟蒻は容器やビニールに保存して(水の中で保存しない)、なんと10日〜2週間もいけるそうです。
(私は心配なので、残りの刺身蒟蒻は数日内に加熱して消費しちゃいますが)

盛り付けの際は、蒟蒻同士がくっつかないよう、表面の水分を拭き取らないようにしたほうが良いかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

Friday, November 14, 2014

キャラクターダンス用スカート 再び

我が家の娘たちはRoyal Academy of Danceのバレエカリキュラムを受けているのですが、そのカリキュラムに組み込まれている種目の一つ、「キャラクターダンス」に使用するスカートを再び作りました。過去記事はコチラ

キャラクターダンスでは、バレエのレオタードの上に、黒のサーキュラースカートを履き、少しヒールのあるキャラクターシューズを履いて踊ります。
主に東欧の国々の民族舞踊を踊るのですが、表現力、リズム感、躍動感、スペース感覚、身体のコントロールなどを含めた演技が求められる種目です。
360度の全円スカートが体の動きとともに、広がったり揺れたり、見ている方も楽しくなる踊りです。
 
材料は黒い布、リボン、リボンの色に合わせた糸、マジックテープのみ。
次女のスカートの材料とほぼ同じなので、買い出しは黒い布とリボン。

布が余ったので、お揃いでシューズバッグも作りました。
 
しかし、リボンを誤って切ってしまい、バッグのリボンは
不本意の斜めストライプになってしまいました 。

 
クローゼットに二人分並んでいると紛らわしいので、
シューズバッグは、これくらい違いがあって良かったのかも。
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

Saturday, November 1, 2014

ハロウィンに間に合う?! 2014年衣装 完成編

2014年の衣装その2その3  の続編です。

目指すはこちら見本の衣装。

  
材料購入の時点で、イメージから離れていくのを薄々感じてはいましたが、兎にも角にもハロウィンパーティまでには、仕上げないといけません。

小物などは家にあった物をかき集め、なんとか仕上げました。

それでは、お披露目で〜す。

ハロウィン当日のお天気を全く考慮しない、オフショルダー仕上げ。
 
見た目はワンピースのようですが、実際は上下2ピース
 
フェイクレザーのベルトは椅子用クッションプロジェクトで余った布を切り、マジックテープで着脱できるように作成。
ベルトの飾りはクレイで作り、スウェード のストラップを通して、羽とビーズをつけました。


 
左:デビル(長女の2年前の衣装)、右:ネイティブ・カナディアン
ブーツカバーは簡単に取り外しできるので、室内でもOK
 
後ろはこんな感じ
  
頭の飾りは、元々持っていた三つ編みレザーのヘッドバンドを
羽とビーズで飾りつけしてリメイク


本当は、靴にもこだわり、ベージュモカシンを新調したかったけれど、そこはぐっと買い物欲を抑えました。
持っていたスウェードブーツ(黒)にブーツカバーを被せることにしました。

ビフォア&アフターで公開。

<ビフォア>
 黒のスウェードブーツではどうしても衣装と似合わない

<アフター>
中のブーツが分厚いうえにフリンジ付きカバーなので、スノーブーツのようですが、北のほうに住むネイティブ・カナディアンという設定で、許してもらおう・・・。

ブーツカバーは初めて作ってみたけれど、適当に作った割には、失敗なくできました。
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...