Thursday, July 30, 2009

バースデーケーキ 2009

<次女2歳>
 
家族だけで小さめのバニラシフォンケーキを食べてお祝いしました。
 
次女はアニメのキャラクター、ディエゴとドラが大好きなので、小さなフィギュアも横に飾ってます。

毎年裏庭に茂るミントが何故か今年全滅。
ミントの葉を飾るのと飾らないのとでは、実に大きな差が出るな〜と思いました。

<長女6歳>
 
本人のリクエストにより、チョコレートシフォンケーキ。

 
お友達をご招待してのバースデーパーティでは、カップケーキにしました。
本人のリクエストによりチョコレートカップケーキ。
 
ケーキだと、フルーツやクリームが嫌いな子がいたり、沢山は食べてもらえないもの。
ミニカップケーキなら、ちょうど良いサイズで、取り分けもラクチン。

カラフルなアイシングがあまり好きではないので、白の生クリームとアラザンのトッピングのみ。
でもカップケーキだけでは寂しいので、他のデコレーションと共に、自前の馬車に乗せてみました。
食品を乗せるので、馬車を神経質なほど洗車し、ラップを敷いたり、事前準備が面倒でした。笑

Saturday, July 25, 2009

デコフレーム

オーダーによりクレイフラワーのデコフレームを作らせて頂きました。
義理の弟さまカップルへウェディングプレゼントとして贈られるそうです。

お花は型も使わず花びら一枚ずつ作成して組み立てますので、時間もかかります。
プレゼントされる日より、かなり前もってご注文頂きました。
クレイで作るお花は、時間の経過とともに枯れてしまう生花や、色褪せてしまうプリザーブドフラワーとは異なり、作られたままの状態を半永久的に楽しめるという魅力があります。
そんな魅力を活かして、お花をシャドーボックスにおさめました。

今回は全てカスタムメイド。
花嫁となられる方のお好みの色やご希望のお花などをお尋ねしてから作成します。
今回は、夏のご結婚ということで、「向日葵をメインに夏らしい元気な色合いで」とのことでした。
また、白の小花を入れてほしいとリクエスト頂きました。

実は私、ビタミンカラー系のコーディネートを滅多に作りません。
なぜかいつもパステルカラー系に偏ってしまいます。
というわけで、向日葵を入れたフラワーアレンジの写真を何枚も見て、合う色やお花を研究しました。

途中経過のご報告を兼ね、ご依頼主さまに色合いなどをご確認しました。

ご依頼主さまには二通りご提案しました。
向日葵には紫や赤のアクセントを入れるとアレンジもぐっと締まります。
白の小花はステファノーティス(ジャマイカンジャスミン)というお花です。


私が使いがちなパステルカラー系のアレンジです。
優しい感じですが、夏というインパクトに欠けるかな?


アクセントのお色には紫をご希望されました。
第二の花はバラとユーチャリスです。
お名前とご結婚日をカリグラフィーで書き入れました。
 
レイアウトが決まったら、この上にガラスを載せ、枠をつけます。

フレームにガラスをはめ込んで完成!

頑丈に梱包して、ご依頼主さまがお住まいのアメリカへ発送しました。

ご依頼主さまのお祝いのお気持ちが、作品を通してお二人の心に届いてくれるといいなと願っています。
お二人の末長いお幸せを心よりお祈り申し上げます。

Friday, July 10, 2009

アントラージュ

"Entourage"
HBO系ドラマシリーズ。

俳優マーク・ウォルバーグの自伝が少し入り交じったストーリーらしいです。
ニューヨーク・クィーンズ出身のハリウッド俳優と彼を取り巻く友人、エージェント達の波瀾万丈ストーリー。
「セックス・アンド・ザ・シティ」が女性向けドラマシリーズなら、こちらはとりわけ男性向けといった感じ。
私はEntourageの方が断然面白いと思いますが。

1話30分、特別何が起こる訳ではないのですが、何となく毎週欠かさず観てしまいます。
売れっ子俳優ヴィンス・チェイスや友人達の派手な暮らしぶりが面白かったり、俳優人生の浮き沈みだったり、俳優を取り巻くエージェントとスタジオの絡みだったり、ハリウッドの裏側を垣間見れるようなストーリー。

登場人物の中でも、ヴィンスのエージェントであるアーリー・ゴールドが毎回面白い行動をとっており、独特のアーリー節スピーチを聞かせてくれます。

シーズン1から欠かさず観ていますが、来シーズンか来々シーズンで完結となると聞いて少し残念。

Friday, July 3, 2009

キッズ浴衣

ある日、布屋さんで見つけた可愛い生地。
コットン100%で、エンボス加工が子供用浴衣によく使われるサッカー(リップル)生地に似ています。
娘達二人に浴衣を作りたいと思っていたので、即買ってしまいました。
セール中で1メートル5ドル切ってました!これなら失敗しても自分を許せる・・・。
薄手で汗の吸収性も良さそうだし、着心地も良さそう?

浴衣作りは初の試み。
和裁もしたことないけれど、高校の家庭科で晒木綿で作った赤ちゃんの長肌着なら習った覚えがあります。
作り方は全く記憶になく、肌着もとうの昔に捨ててしまったようですが。
先生の指示を聞いておらず、家庭科の成績は良くなかったような・・・笑。
でも浴衣はほとんど直線だし、どうにかなるかな〜と楽観的にプロジェクト開始。

お友達から既製の子供用浴衣をお借りして、デザインをそっくりそのまま戴きました。
その子供用浴衣、一見普通の浴衣ですが、実はツーピース浴衣だったのです!
肩からおはしょりの裾(帯の下で折って持ち上げるところ)までが上見頃で、その中はノースリーブのサマードレス!
子供は激しく遊んで動くので、本格的な浴衣だと、すぐはだけてしまうけれど、ツーピースなら着崩れも然程気になりません。
見本の子供浴衣を見ながら、だーっと適当に作ってみました。

こちら、浴衣のトップス部分。
丈が異なるだけで、作りは普通の浴衣とほとんど同じ(だと思う)。

こちら、浴衣の中のサマードレス。
 
二人とも花柄を気に入ってくれました。

こちら、中のサマードレス。
胸元はシャーリング。
ショルダーストラップは共布でギャザーゴムにしました。

長女(5歳)の浴衣。
丈は短めにして、ふくらはぎ辺りまでの長さにしました。
下のワンピースをサマードレスとして着るとき、子供のマキシ丈ワンピは個人的にあまり好きではないので。
でも浴衣として着るには短すぎたかな。
袖もやや短すぎたのと、首周りが少々キツかったかな〜。
適当にやるとこのような失敗があります。
 
続いて、次女の浴衣。
次女の浴衣の方を先に作りましたが、作成途中で試着しながら細かく採寸してたので、こちらの方が全体的にうまく行ったかも。

ジャストサイズで作ってしまったので、来年着られないのが残念。。。

Thursday, July 2, 2009

(ほとんど)計量の無いレシピ ベークドチーズケーキ

いくら面倒くさがりの私とはいえ、お菓子作り、ベーキングのときはレシピ通り計量します。
特に繊細なケーキやクッキーは1g単位までキッチリ計ります。

このチーズケーキは簡単★シンプルなうえ素朴で美味しいので、ちょっとチーズケーキが食べたいなと思ったときにササッと作れます。
子供たちも私もレアチーズケーキよりベークドチーズケーキの方が好き。
買うより作る方が断然多いと思います。

<材料>
*クリームチーズブロック1箱 (250g)
*卵 2個
*生クリーム1パック(250ml)弱 全部入れると濃厚すぎるかも。
*ヨーグルト 大1〜2
*砂糖 大さじ7〜9
*レモン半個分を絞ったレモンジュース 
*小麦粉 大3

生クリーム、ヨーグルト、砂糖、レモンジュースはお好みで調整。

ケーキの底にグラハムクラッカーを砕いてバターと混ぜたクラストを作ってもいいです。
利点としては、ケーキに高さを出せる、カットしたとき色の違いを楽しめる、一口入れたときに違う食感が楽しめる、など。
ただ、グラハムクラッカーの種類やバターの量によっては、全体的にクドくなる気がするので(個人的意見です、あくまで)、その日の気分により省略することが多いです。

<作り方>
1.  クリームチーズと卵を室温においておく

2.  ハンドミキサーまたは泡立て器でクリームチーズをふんわりクリーム状になるまで練る


3.  砂糖を加えて混ぜる

我が家ではこういう適当なお菓子作りにはブラウンシュガー(ダークではなくイエロー)を使います。

4.  卵を加えて混ぜる


5.  生クリーム、ヨーグルトを加えて混ぜる

5.  レモンジュースを加えて混ぜる
 
半分に切ったレモンを耐熱皿に乗せて電子レンジで数秒チンすると、レモンジュースが楽に絞れます。
絞るときはレモンが十分冷めてから!
種や果肉が気になる場合は、茶こしを使っていれます。

6.  小麦粉を茶こしなどで振るいながら少しずつ加え、木べらまたはゴムベラに変えて生地全体になじむように混ぜる

練りすぎないように注意。
小麦粉を混ぜても、かなりさらっとした生地になるはず。

7.  生地を型に流し込む

表面に泡がある場合は、10cmほど上から数回落として泡を消します。


8. 180度のオーブンで約45分焼く

9.  数カ所ケーキに竹串を刺して、何も付いてこなければオーブンから出す


10. ケーキのふくらみが徐々に沈みかけきたら(粗熱が取れた頃)、アプリコットジャムを塗って艶をだす(省略可)

適度な焦げ目がつき、中央が平らに凹み、周りが塀のようになったらベークドチーズケーキの成功です。

11.  熱が取れたら冷蔵庫に入れて冷やす

お好みで、ベリー系フルーツを上に置いたり添えたり、ベリーソースを作って食べるときにかけても美味しいです。
 
今回はベークドチーズケーキ、ベリー添え
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...