Tuesday, November 30, 2010

栗を初めて

ある日、長女と日本語の宿題をやっていたら「栗」の話題になりました。
本物を見たことがない長女に、栗の木、栗の幼果、栗の実の写真を見せて説明しました。
日本にいれば、「栗拾い」にでも行って本物を見せることができるのですけれど。
果たしてトロントに栗の木はあるのかどうか?

数年前、甘栗のパウチを買って食べさせたら、好きではないと言われ、それ以来買っていなかったのですが、今回写真を見て「また食べてみたい」と興味を示しました。

夫と長女の嗜好は不思議と似ており、芋栗南京すべて嫌いなので、我が家では料理に使うこともなく、滅多に買いません。

数日後、タイミングよくスーパーで生栗を見かけました。
子供たちに本物を手に取らせてあげる良い機会だと思い、買ってみました。
結構大きな粒です。
子供たちに栗を見せると、「食べたーい!」と手をあげて喜んでおります。

私は栗を戴くのは大好きなのですが、お恥ずかしながら栗を調理するのは初めて。
茹でるのか、煎るのか、蒸すのか、調理方法すら知りませんでした。汗
このような恥ずかしい質問は日本の家族に聞くところですが、時差のため連絡できず、友人に栗の調理方法を聞きました。

生栗は「茹でる」のですね。(そんなことも知らなかったの、と友人も半分呆れていました)
しかしながら、茹でる前に半日ほどお水に浸しておかなければいけないという・・・。
ショック〜。
食すのは翌日までお預けです。

明けて翌日、栗がヒタヒタに浸かるくらいのお水とお塩をお鍋に入れ、30分ほど煮ます。
素人な私、煮え時がよく分かりませんので、タイマーで30分計って火を止めました。
ポイントは、ゆで汁が冷たくなるまで取り出してはいけないそうです。

茹で汁が冷たくなるまで辛抱強く待ち、子供たちに茹で上がった栗を見せました。
しかし・・・栗ってどうやって食べるのだったかしら・・・。
小さい頃、栗拾いに行き、その後お座敷で栗ごはんや栗づくしのお料理を山ほど堪能した思い出があります。秋になると家でもよく食べていた気がするのですが、肝心な皮の剥き方が思い出せません。
天津甘栗は指で割ると、渋皮のついていない実がコロッと出てきたような。

包丁で一つ一つ鬼皮を剥いてみると・・・
簡単に剥けましたが、手間がかかります。
大きい栗だから良いようなものの、小さい栗だったら包丁で切るのも、つるっと滑りそうで怖いです。
そして、渋皮が残ってしまいます。
渋皮はどうやって綺麗に剥くのでしょうね。
調べなければ。
包丁と指で渋皮を剥いてみましたが、一つ剥くのに一苦労です。
見た目もいまいち。
甘栗パウチに入っているようなツルツルの栗の実を想像していたもので。

肝心のお味ですが、天津甘栗のように、と〜っても甘くて美味しかったです!
子供たちの反応はいまいちでしたが、私一人でお味に感動しています。

栗の実を食べるまで、長い道のりでした。

Saturday, November 27, 2010

勇気を出して抜歯★独り言日記(虫歯発見編)

先日、親不知2本に虫歯が見つかりました。
長女と一緒に年二回、歯科検診とクリーニングに行くのですが、虫歯なんて過去10年以上見つからなかったので、自分には関係ないものと高を括っておりました。

ハロウィンで戴いた甘いお菓子を毎日のように食べている子供達に「ちゃんと歯磨きしないと虫歯になるよ〜!」と口煩く脅していた私、子供達の前で歯医者さんに「2本虫歯ですね」と言われ、立場なし。汗

夜な夜な子供たちのハロウィンのチョコレートを盗み食いした罰が当たったのかも。自業自得です。

ちょうど数週間前に子供に読み聞かせした絵本で、虫歯になった主人公の子が歯医者嫌いで、なかなか歯医者に行かず、でもある日チョコレートを食べるとずきーんと痛み、仕方なく歯医者に行くというシーンがありました。

実は私もチョコレートを食べると、奥歯の方がずきーんと痛む気がしていました。
でも、単なる知覚過敏だろうと都合の良い思い込みをしており、虫歯だなんて思ってもみなかったのです。

クリーニングのときに歯科衛生士さんに「何か自覚症状や不快感がありますか?」と聞かれ、「大したこと無いのですが、冷水を飲んだときとチョコレートを噛むと奥歯が痛む気がします。知覚過敏ですよね!」と訴えたら、「それが虫歯の自覚症状ですよ〜」と笑われました。


私は元々、親不知が下2本しか生えておらず、噛み合わの歯が存在しないため、虫歯治療するよりは、思い切って抜歯をオプションに考えるよう助言されました。

すぐには決断できず、その日はかなり落ち込んで帰宅したのですが、しばらく考えて抜歯を決心。
抜くのは怖いけれど、抜いてしまえば今後虫歯の心配が2本減るという大きな利点があります。

パノラマレントゲン写真という特別なレントゲンを撮り、私の親不知の根が神経から十分離れた所にあるので、手術も比較的簡単に済むだろうと言われました。
これからは毎食後、歯磨きに念を入れよう!と誓う自分です。

話は脱線しますが、我が家では夫、私、子供達でそれぞれ違う歯磨き粉を使っています。

夫の歯磨き粉はとても強い味で、さらに「成人および12歳以上の子供用。歯磨き粉は飲み込まないように」との注意書きが!

かなりの量のフッ素が入っているからなのでしょうか?
そんな歯磨き粉は、私も怖くて使う気になれず。

最近は日本の家族が買ってくれた歯磨き粉を使っています。
その名も「炭(スミ)ガキ」。
名前も面白いですが、中身も風変わり。
爽やかな歯磨き粉らしからぬ色、黒のペースト。
 お味は口を濯いだ後がとてもスッキリして、個人的に好きなお味。

子供達は年齢的にまだ誤飲する可能性もあるので、添加物などの少ない、なるべく自然系のものをと思い、自然食品、自然用品コーナーにおいてある歯磨き粉を使っています。
↑ 容器が可愛いから気に入るだろうと思ったら、二人とも味がだめで却下になった歯磨き粉。
↑ 現在子供達はこちらを使っています。


抜歯ストーリー独り言日記は2へ続く・・・

Thursday, November 25, 2010

ジンジャーブレッドハウス

いつかは作ってみたいと思っていたジンジャーブレッドハウス(お菓子の家)。
今年は次女もなんとかクラフトできる歳になってきたので、ジンジャーブレッドハウスキットを買ってみました。

箱を捨ててしまったのですが、キットは大体こんな感じのものでした。
 
大手ベーキングツールメーカーWilton社から出ているキット。
ミニチュアハウスが5種類。
15ドル位だったかな?

キットの中身は、
*既にお家のパーツサイズに焼かれたジンジャーブレッドクッキー
*アイシング用シュガーと着色料(赤、緑)
*カラースプレーやグミなどのお菓子
*アイシング用袋とその袋口先
など、必要なものは全て揃っており、箱から開けたらすぐにデコレーション開始できます。

お友達を呼んで、子供4人、大人1人(私)で一斉に作成しました。
私も子供達もジンジャーブレッドハウスのデコレーションは初めての試み。
5つの家のクッキーパネルは形や大きさが異なり、コテージ、家、教会など、一応テーマがありましたが、説明書は無視して思いのままデコレーションしました。

後で知ったのですが、既にお家が完成した形で売っているジンジャーブレッドハウスキットもあり、それならば自分で組み立てる手間が省けて簡単です。
というのも、このジンジャーブレッドハウス、組み立て作業が大変なのです!
アイシングを絞り出したら、すぐにクッキーのパネルを付け合わせ、手で押さえてアイシングが固まるまで数分間待っていないといけないのです。
短気な子供たちは待ちきれずに何度もミニチュアハウスが崩壊していました。
特に斜めの屋根は重さでずり落ちて大変。
何とか家が出来上がると、次はカラーのアイシングも加えて自由にデコレーションします。
 

 
緑も赤もぎょっとする色です。

子供たちは、家の組み立てよりデコレーションの方を楽しんでいました。

出来上がったジンジャーブレッドハウス、一応食べられるそうなのですが、これって食べる人いるの?と疑問に思うくらい美味しくありません。
子供たちも「食べたい!食べたい!」と騒いでいたのですが、一口かじってそれっきり。
クリスマス前後に1ヶ月ほど飾って目で楽しみましたが、その後ゴミ箱へ直行でした。

 
長女7歳 作
なかなか几帳面。

 
次女3歳 作
屋根から雪崩が!欲張りな性格が表れているようです。笑
 


私がパネルを組み立てた後、デコレーションは子供たち4人にお任せ。
公園によくある公衆トイレみたい?

Thursday, November 18, 2010

タートルニットからのエコ★リメイク2

お気に入りだった私のニットを次女のワンピースにリメイクしましたが(その記事はこちらhttp://colorsinbloomdeco.blogspot.com/2010/11/blog-post_18.html)、まだ端切れが残っていました。

端切れとはいえ、捨てていなかった理由がありまして。
ちょうどニット地のカチューシャを作りたいな、と思って保管しておいたのでございます。ほほ。

カチューシャは既製で使っていた物が飽きてきたので、その布をはがして芯だけ利用します。
もともとお値段高めのカチューシャだったので、芯は良い素材に見えます。

裸になった芯に、ただニット地を縫い付けるだけ。
針仕事は大嫌いなので、ささっと終わらせて、共布でお花のモチーフをつけて出来上がり。

本当は内側に滑り止めの紐をつけた方がいいのですが、ニットの縫い目にちょうど摩擦効果があるようで、試着しても滑りませんでした。
まあまあの仕上がりで、長女は気に入って使ってくれました。

ニットワンピとヘアバンドでの再利用にてダブルリメイク、エコ代表作品となりました。

思いつきで初めて作りましたが、なかなかの出来だったのでカチューシャ作り熱が湧いてきそうです。

Wednesday, November 17, 2010

クリスマスリース

今年の我が家のクリスマスリース。


毎年裏庭で剪定したエバーグリーンなどを使います。
ベースも庭のフェンスに育っていた蔓を編んでリース型にしているので、リボンや飾り以外はホームメイド。
きちっと輪の型にはめずに少しボサボサ感がある方が自然ぽくて気に入っています。

ほぼ毎年、クリスマスリースの他にダイニングテーブルに置くセンターピースも作っていたのですが、去年は大変なことになりました!!

デコレーションした数日後、室内に巨大ゲジゲジ虫(逃げ足が異常に素早い!)が二匹も発生し、家中が大騒ぎになりました。
子供たちが悲鳴を上げる中、一匹は掃除機でなんとか吸い取りましたが、もう一匹はどこかへ逃げてしまいました。
今思い出してもゾゾッとします。
自然の素材を使うと部屋にグリーンの香りが漂って、とても気に入っていたのですが、ワイルドすぎるものを室内に飾るのも問題だな〜と悟り、今年からは外用リースのみにしています。

Monday, November 15, 2010

クリスマスカード2010

今年もクレイを使ってクリスマスカードを作成しました。


去年はレッスン企画のため、数種類のデザインを作りましたが、今年は忙しかったので1種類のデザインでバリエーションを変えて。


軽量なので普通郵便でOKです。

中身はカリグラフィーでタイトルメッセージを入れて。
中身が無地のカードだと、バランスよくメッセージを数行以上書き入れなければなりませんが(特に英語だと書く内容につまってしまうことが・・・)、このようにタイトルがあれば、上下に"Dear 宛名" + 一言 + "From 家族の名前” だけでも許されるかな、と思います。


資源保護の目的もありますが、筆無精者の私は10年ほど前から、新年のご挨拶、グリーティングカードは可能な限りEメールにて簡略させて頂いています。
とはいえ、学校の先生方やEメールでご挨拶できない方には、カードを出しています。
本当は、手書きカードの方が心温まりますよね。


自分は簡略派ですが、人からカードを戴くのは嬉しくて、全て暖炉の上などに飾っています。

Wednesday, November 10, 2010

いまさらだけれど、マーメイドのバービー

最近子供たちが何故かマーメイドブームに。
毎日あらゆるバービーを使って、ディズニー・リトルマーメイドのロールプレイをしています。
長女が3歳の頃、リトルマーメイドの主人公、アリエルのお人形を持っていました。
ボタンを押すと、キラキラ光って、歌ったりお話ししたりしてくれました。
どこへ行くにも持ち歩いていた時期があったのですが、ある日お風呂に入れてしまい、壊れました(当然です)。
音が鳴らなくなったのと、長女のマーメイドブームが去ったようだったので、内緒で捨ててしまいました。
我が家にはバービー人形だけで20体以上ありますから、1体くらい無くなってもいいだろう、と。

そして数年後、まさかのマーメイドブーム再来。
今更ですが、捨ててしまったことを後悔しています。
壊れていても、お人形としては使えたのに。
でもアリエルのお人形を2体買い足すのも考えてしまいます。
着せ替え用の人魚の下半身だけ売っていないかしら?と探しましたが、見つかりませんでした。

売っていないなら、簡単なものを作ろう!と思い立ち、ミシンを出します。
まずは布の在庫をチェックし、良さそうなものが見つかりました。

ストレッチ素材のニット。少しテカリも有ります。
水色のソフトチュールとハードチュール。
プリンセスドレスを作ったときの余りがありました。
裁断して、ミシンで縫い合わせるだけ。
手縫いは苦手なので、小さくてもなるべくミシン縫いで済ませます。
仮縫いはしませんが、待ち針でサイズ合わせしているバービー。

あっという間に完成です。フィット間といい、パーフェクト!
ついでにビキニも作ってみました。
オリジナルのアリエルはパーブルのビキニ(本当は貝殻?)なので、紫の布で。
ちょっとセクシーです。
姉妹で取り合いの喧嘩になることが予想されますので、全く同じ物をもう1セット作りま〜す。





Monday, November 8, 2010

オレンジピンクのダリア

ダリアの季節はとっくに過ぎてしまいましたが、こんな色のグラデーションのダリアを作ってみたかったので、時間ができたときにささっとチャレンジしてみました。
花びらを作るのは細かい作業です。
一輪の花に仕上がるまで、気が遠くなるほど時間がかかります。

  
中央はオレンジピンクですが、外側にいくに従って徐々にピンクに変わっていきます。
 
今回は茎つきのアレンジ。
 
一度に作れる数は、私の場合、二輪で精一杯です。
それ以上続けると、肩凝りが・・・。

 
今回は思い通りの色合いに仕上げることができました♪

Tuesday, November 2, 2010

バースデーカード

子供がお誕生会にご招待されたら、バースデーカードとプレゼントを用意します。

長女が字を書けるようになってからは、時間があってもなくても必ずメッセージを書くようにし、時間があれば子供に手伝ってもらって、クレイでデコレーションした手作りカードを用意するようにしています。

数字とアルファベットはクレイで予め作っておき、長女にレイアウトを任せて、糊で貼付けてもらいました。
数字の水玉デコレーションはタコの足の吸盤みたいで気に入っています。

こちらも数字にデコレーション。
グリッター糊は長女が担当。最近は私の監督無しで、自由にデコレーションしています。
カードの中身は完全に子供にお任せです。

 

 



封筒からカードを取り出したときのご本人のお顔を想像しながら作ります。

ハロウィーンコスチューム 2010 2(完成編)

白猫のコスチュームは白のファーが在庫にあったので、だ〜っと作成に取りかかりました。
 
白猫のカチューシャと白ファーの襟。
襟元が寂しいかなと思い、白ファーで作った襟。
暖かいそうです。ボタンで取り外します。

ディズニーシーの帰り際、次女にお土産に何が欲しいか聞いたら、沢山ある中から白猫マリーちゃんのヘアバンドを選びました。
ハロウィンの衣装に使うつもりで買った訳ではありませんが、ちょうど良かった!

 
白ファーで作った針金入り尻尾とオーガンジー布のミニスカート。
スカートは直線縫いの簡単ギャザースカート。作成時間30分以内でした。

 
レッグウォーマーとカフス。
去年の黒猫と同じように作ります。
今回はレッグウォーマーもカフスも裏地つき。

 
白猫のカチューシャだけ豪華で素敵ですが、全部まとめて身につけると、結構可愛い♥
 


 
黒猫ちゃん(右)と 白猫ちゃん(左)
 
小さい白猫と大きい黒猫が並んで食べているのも可愛いかも。 

お顔にはフェースペインティングしてます。
 
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...