Wednesday, December 29, 2010

勇気を出して抜歯★独り言日記3(回復編)

手術が無事終わったのはいいのですが、薬二錠が効き始め、私の記憶も時間も飛び始めています。

2:30過ぎ、診察室にて、
先生:「今日は旦那さんがお迎えに来てくれるのですよね?何時頃来るといってました?」
私:「トゥーサーリー(2:30)」
先生:「受付にいるか見てくるから待ってて」
一旦退室。
意識ははっきりしているのに、この辺りから、さらに記憶と時間の感覚が途切れ途切れになってきました。

診察室に夫が顔を出し「どうだった?」と話したのは覚えています。
でも次の瞬間には、「さ、行きますよ。」と夫ではなく、先生が私の両脇を抱えて立たせてくれました。
「#$%#@*+@^~"&#*!(一人で立てますから大丈夫!)」と言って診察台から降りたら、グラっと目が回り千鳥足。
「支えてあげるから、つかまって」と親切な先生。
付き添いで頼んだはずの夫がどうして居ないのかと思ったら、私の記憶が飛んでいる間、処方された薬を買いに行ってくれていたそうです。

受付のソファに座ってしばらく夫を待っていたのですが、今のうちにトイレに行っておこうと思い立ちました。
トイレまで一人で歩く廊下の景色は覚えているのですが、その途中から記憶が飛んでいます。
ちゃんとトイレに行って用を足し、トイレを流して手も洗ってきたのでしょうか?
そうだといいのですが・・・全く思い出せません。

次の記憶は夫に両脇を抱えられながら駐車場を歩くシーン。
その次は助手席に座ってシートベルトを閉めた瞬間。
その次は家のベッドで寝る・・・とまあ、時間の感覚と記憶を失うと、自分がワープでもしているかのような不思議な体験です。
手術後は付き添い必須、一人で運転して帰れないという理由がよく分かりました。

手術した夜は痛みでほとんど眠れませんでしたが、腫れもなく熱も出ず、出血も少なく、比較的楽な回復でラッキー。
左右二本同時に抜いたので、1週間〜2週間は咀嚼が難しく、リスのように前歯で少しずつかじって食べていました。
痛みは3週間で完治。

術後の回復指示については、私の記憶は飛んでおり、付き添いの夫は先生から口頭でも紙でも説明を戴いたらしいのに、私に伝えるのを忘れていました。
そんなわけで、術後指示はほとんど無視していました。
*歯磨き、うがい、ストローの使用は一晩は避ける
*術後は透明の甘い飲み物(リンゴジュース、コかコーラ、ジンジャーエールなど)をなるべく沢山摂取する
*術後二日目からは食後及び一日3、4時間おきに塩入りのぬるま湯でうがいする。
*術後2日間は安静にする
*数時間おきに冷やす
などなど。

術後は先生からこのようなツールを戴きました。
 
大量の口内用ガーゼと専用スポイト。

術後24時間ほど、ガーゼを噛み合わせていました。
出血が少なかったので、数回取り替えるだけで事足りました。
先がカーブした注射器のようなスポイトは、親不知跡地である歯茎の巨大な穴に食べ物が詰まったとき、水圧で洗浄するためのものです。
手術から2週間後、歯茎が順調に回復し始めてから恐る恐る使いました。
私はただのお湯を入れましたが、本当は塩入りのぬるま湯を入れるそうです。
最初は赤黒かった大きな穴も、正常に戻りつつあります。

それにしても、お酒飲みすぎて記憶が飛ぶとは、こんな感じなのでしょうか。
個人的には抜歯手術よりも薬のおもしろ体験が印象に残っています。

Tuesday, December 28, 2010

ポットラックメニュー3

シェパーズパイに引き続き、今年のポットラックパーティに何度も登場したメニューの一品をご紹介します。

これまたイギリスの代表的なデザート、「トライフル」。
英語の"Trifle"は「つまらないもの、ささいなこと」という意味もありますが、「冷蔵庫の中のあり合わせのもので作った」デザートがトライフルの始まりだとか。
作り方はとても簡単。
スポンジ、ベリー系フルーツを煮立てたソース、カスタードソース、生クリームをそれぞれ作って、冷ましておきます。
お好みのフルーツを水気を切って用意しておきます。
後はガラス容器に順番に重ねて入れていくだけ。
今回のフルーツは苺、キウィ、ブルーベリー、ブラックベリー、ラズベリーなど。
みかんと桃の缶詰も足しました。
本当は新鮮で美味しいフルーツが入手しやすい春〜夏に向いているデザートだと思います。

伝統的なトライフルは、スポンジにリキュールやジュースを染み込ませたり、ゼリーを流し込んだ層があるのですが、私はスポンジのベチャッという食感があまり好きではないので、いつも省いています。
トップはフルーツで適当に飾ります。
ラズベリーを飾るのをすっかり忘れていました。

家族揃って出席するパーティが大半ですが、今年は残念ながら夫または子供のうち一人が寝込んでいることが多く、私と長女または次女だけで出席することが多くなってしまいました。

連日のパーティに、日本人の私が「羊飼いのパイ」と「トライフル」を持ち寄ったと、イギリス人の義理両親に知れたら笑われるかもしれません。

Monday, December 27, 2010

クリスマスプレゼント

クリスマス前後になると、あらゆる交友関係の間でプレゼントが飛び交い合います。
子供のプレゼントが大半を占めるのですが、先日は思いがけず私がクリスマスプレゼントを戴きました。

今月初め、その友人とトロントのダウンタウンで開催されたOne of a Kind クリスマスショーに行きました。
http://colorsinbloomdeco.blogspot.com/2010/12/one-of-kind-in.html

友人は「お醤油を入れる小皿を探している」と言って、ブースを色々見て回っていたのですが、日本の陶芸アーティストのブースで見つけた作品をゲットしていました。
なんと、その小皿を私にプレゼントしてくださったのです!
 
お箸置き兼お醤油入れ

数ヶ月前に遡りますが、以前手巻き寿司ディナーに友人一家をご招待したとき、ちょうどいいお醤油小皿がない、という話をしていたのです。


友人はそのことを覚えていてくれて、粋な贈り物をしてくれました。
彼女が買うときに「この作品どう思う?箸置きと醤油入れになるかしら?」と私に意見を求めてきたのは、プレゼントのためだったと分かり、友人のさりげない気遣いに感動してしまいました。
大切に使わせて頂きます!

 
お箸置きとしても使えるし、兼お醤油皿にもなるなんて、ユニークなデザイン、気に入っています!
 
お通し風に、ほうれん草の胡麻和えを入れてみました。
この日の夕食は牛丼、お味噌汁、胡麻和え。
お夜食のような我が家のシンプル夕食・・・。



ポットラックメニュー2

夫方の家族はイースター、感謝祭、クリスマスなどの大イベントはもちろん、誕生会など、とにかく理由をつけてはよく集まります。
親戚一同は我が家から約70キロ離れたトロント西南部に住んでいるので、私たちはいつも招待されるばかり。
大人数のパーティのホスト役が大の苦手な私にとって、招待される身であることは、本当に有り難いのですが、これではパーティ上手になれるどころか、カナダに7年住んでおきながら未だターキー(七面鳥)も焼いたことがありません。
ホスト役にと白羽の矢が立つ日がいつ訪れてもおかしくありませんので、今から練習しておかないと・・・。
しかしながら、個人的にターキーは料理するのも食べるのもあまり好きではありません。

さて、招待された場合は、何を持ち寄ったらよいかホストに確認します。
今回も親戚一同に大好評のカリフォルニアロールをリクエストされました。

家族の間では"Sushi appetizer"(お寿司の前菜)と呼ばれております。
大好評といっても、ヨーロッパ系移民カナダ人家族の間だけでして、日本のお寿司とは少々異なり、欧米風細巻き(カリフォルニアロール)と呼ぶべきものでしょう。
海苔巻きなんて、カナダに来るまで作ったことがありませんでした。
お寿司屋さんに行けば、すぐ美味しい物が手に入りましたから。

巻き方が少々下手でも、親戚一同美味しい!と言って食べてくれます。
細巻きの中身は、きゅうり、スモークサーモンとクリームチーズ、ツナサラダ、スパイシーサーモン。
日本人の集まりなら、梅&きゅうりやオクラ、納豆巻きも入れたいところですが。

アボカドを使うつもりで数日前に購入していましたが、冷蔵庫で保存していたため、熟れが足りず、使い物になりませんでした。
更に失敗は続きます。
肝心のきゅうりを買い忘れていました!
近所の友人にクリスマスの朝、挨拶もそこそこにアボカドときゅうりがあるか問い合わせたところ、親切な友人はきゅうりを持って駆けつけてくれました。助かりました〜。ありがとうございます!
今回は反対巻き(海苔が中、すし飯と胡麻が表になる巻き方)も作ってみました。
店頭でよく見かけるカリフォルニアロールの巻き方です。海苔が目立たないからでしょうか?
しょうが、わさび、お醤油を添えて準備OKです!

入れ物がプラスチックで冴えないので、せめて風呂敷だけは立派なものを使用。
パーティから帰宅後、細巻きを入れても良さそうな漆の入れ物があったことを思い出しました。
次回からはそれを使うことにします。

Sunday, December 26, 2010

ポットラックメニュー1

毎年12月中旬から年末年始にかけてはホームパーティで大忙しです。
今年はホストするよりご招待頂く方が多く、気分的にゆっくりできそうです。
ホストをしてくださるみなさま、ありがとうございます。

パーティではポットラック(持ち寄り)形式が多いので、1、2品作ったり買ったりして持って行きます。

料理が苦手な私は数少ないレパートリーからメニューを選出しなければなりません。
ポットラックメニュー選びのポイントとしては、

*量と味
*一般的に好まれそうな食品
*他のメニューとのバランス
*見栄え

欲を言えば、

*取り分けしやすい
*食べやすい(特に子供がいる場合)

・・・でしょうか。

上記の条件をどれだけクリアー出来たかは不明ですが、今年はシェパーズパイを何度か作りました。
"Shepherd's pie"とは「羊飼いのパイ」という意味で、イギリスの家庭料理です。
お肉にはラム肉を使うのが一般的ですが、私は勝手ながら牛肉派。
細かい決まりはありませんが、マッシュポテト+お肉+マッシュポテトで重ねてオーブンで焼くだけです。
ヨーロッパ系の義理両親からではなく、なぜか私の日本人母から教わりました。
母はイギリス人の友人から本格レシピを教わったらしいです。
焼く前にジャガイモを絞り出して飾ると、中身はどうであれ見栄えだけは抜群。

中身のお肉は、アンガス牛サーロイン赤見部位を挽いてもらった物と、通常の牛挽肉mid-lean(やや赤見)を2:1の割合で混ぜました。
タマネギ、人参、ナツメグ、塩、胡椒、ブイヨン少々。(コロッケの中身と何ら変わりないのでは?!)
オーブンで数分焼いた後、一旦取り出し、溶かしバターで表面をざっと塗ります。

焦げ目がついたところでオーブンから取り出します。

自分の家でタイミングよくサーブするのとは異なり、ポットラックの場合はホストのお宅でオーブンをお借りして温め直さなければなりません。
ドライになりすぎたり、なかなか焦げ目がつかなかったり、食べ頃を調整するのが難しいようです。

Wednesday, December 22, 2010

クリスマスクッキー

我が家では子供と一緒に毎年作っているクリスマスのクッキーがあります。
今年は長女がかなり手伝ってくれました。


クリスマス風の型で生地を抜いて、穴を作り、カラフルなキャンディーを置きます。


キャンディーは大量に余ったハロウィンのお菓子を利用。

めん棒で粗く砕きます。
とてつもなくケミカルな匂いがします(笑)。



オーブンに入れて焼きま〜す。
焼き上がりは、とても良い香りがしますが、お味の方は・・・。
キャンディの味に大きく左右されるのと、ツリーに飾るので日持ちさせるようになっているのか、かなり固め。
レシピでは卵黄ではなく、卵白を使っており、サクサクというより、パキパキな食感です。
焼きたては、まあ普通に食べれるけれど、食べ物ではなく「飾り用」と割り切った方がいいでしょう。

クッキーに予め開けておいた穴にひもを通して、ツリーに飾ります。


ツリーをライトアップすると、キャンディの部分が透けてステンドグラスのようになり、とても綺麗です。


24日の夜には、サンタさんのためにホットチョコレートとお手紙を暖炉の前に置き、クッキーの数を確認してベッドに行く長女です。
翌朝、クッキーの数が減っていれば(夫か私が食べるのですが)、サンタさんが食べてくれた!と大喜びです。

Wednesday, December 15, 2010

ピアス

クレイのデコが付いたピアス。
今回はプレゼント用に作成しました。

私はピアス穴がありますが、普段は専らスタッドタイプ(画鋲タイプ)のピアスを使うことが多いです。
個人的に、フックタイプ(つり下げタイプ)のピアスは、重みで耳たぶが下に引っ張られる感じがして、好んで使いませんでした。
でも、この軽量クレイのデコピアスは耳からぶら下がっていることを忘れるくらい軽いのです!

これは数ヶ月前に思い切ってピアスデビューを果たされた、知り合いのお母さまに。

これはそのお母さまと一緒にピアスデビューされたお嬢さまに。
ラヴリーなアイテムが大好きな女の子です。

ピアスフック部分はプラチナメッキ、クレイ部分には防水加工を施しています。

フランスドール風ワンピース

5年程前になりますが、ファミリールーム(リビング)のソファカバープロジェクトのときに買い込んだボルドー色の布が大量に余り、捨てるに捨てられず、クローゼットに仕舞い込んでいました。

何かに使えないかと思いつつ、数年忘れたままでした。
少しでも在庫を消化しようと思って、布を沢山使うデザインで子供達にワンピースドレスを作りました。

いつもの私なら型紙なしで作る簡単シンプルなデザインばかりなのですが、今回はきちんと本を見て、型紙から裁断し(とはいえ、スカート部分は長方形ですから型紙なしで布に直書き。やはり手抜きのところは手抜き)、本の指示に従いstep by stepで作りました。

姉妹お揃いのお洋服の場合、通常は一着ずつ、小さいサイズから作るのですが、今回は効率的に作業を進めるため、アイロン、布端処理など二着一緒にできる行程はなるべく一緒に行いました。

本の指示通りに作ると、完成品もきちんと出来上がるのですが、普段手抜き自己流のやり方に慣れていると、ど〜っと疲れが!

一部解いてやり直した部分もあるし。
しかしながら、自分にしては珍しくきちんと作って苦労したわりに、完成品があまり可愛くない・・・。
このワンピースのために似合いそうな生地を買い求めたわけではなく、余り物の生地を使ったからでしょうね。
名付けて「フランスドール風ワンピース」。
とてもアンティークな感じ。
子供達がこのワンピースを着てファミリールームにいると、ソファの色とばっちり同化してカメレオンのよう。

子供達も新しいお洋服に喜ぶ訳でもなく、自分から着たいとも言わず、私も普段着せる機会を見つけられず・・・またクローゼットに戻る運命に。
そうこうしているうちに1年以上経過。

彫心鏤骨のこの2着、このままでは私の苦労が浮かばれないので、子供達が成長して着られなくなる直前に写真にだけは収めておこうと、面倒がる子供達にお願いしてなんとか撮影に漕ぎ着けました。
 ちょうどクリスマスツリーを出した後で、クリスマスカラーのようにも見えます。

丸襟の周りには茶色のコットンレース。
長女のワンピースのレイヤーとレイヤーの間にも挟んでいます。
次女の分は足りなかったので省略。
本人に突っ込まれなくて良かった。汗
二人とも裾には白のコットンレースをつけました。

このワンピース、後ろ姿の方が可愛い気がします。

Sunday, December 5, 2010

勇気を出して抜歯★独り言日記2(手術編)

親不知を2本一度に抜歯の場合は部分麻酔で、クリニックでの拘束時間は1時間半〜2時間程と言われました。
話を聞く分には気軽に抜歯出来そうな感じ。

担当の先生から精神安定睡眠薬を服用するよう薦められました。
術後の帰りは運転できず、歩行にも手助けが必要とのこと。
このお薬を飲むと、お酒を飲んだ時のように気持ちよくなり、人によっては手術中眠りに入るのだそうです。
お酒を飲んで気持ちよくなった試しがない私には未知の世界。
食事は12時間前まで、飲み物は3時間前までに済ませるように言われました。

12月3日、お昼前に義理両親が駆けつけてくれ、子供達を任せたところで、夫と私はクリニックへ向かいました。
12時半前にドキドキしながら診察室入り。
手術同意書にサインし、脈拍と血圧のモニターをセットされ、担当歯科医の指導のもと、精神安定睡眠薬を服用。
私の脈拍、最高速ビート。
診察台からこっそりワンショット。
手術中の撮影はさすがに控えました。


12:35 薬を飲む。「テレビでも観てリラックスしてて。すぐ薬が効いてくるから」と先生、一旦退室。

12:55 「どう?程よく気持ちよくなってきた?」と先生が部屋に入ってきて、モニターチェック。脈拍は高速ビートのまま。
「う〜ん、何も変わらない気が」と私。
「深呼吸してリラックスしててね〜」と先生また退室。

13:15 「どう?」と先生がまたモニターチェックのため入室。
「はあ、足が重いような気がするけれど、全然眠くありません」と私。

13:25 「なかなか効いてこないね。もう1錠飲みましょう。」と先生から薬を渡される。

13:35 「さ、始めましょうか。注射しますよ〜」と巨大(に見えた)なシルバーシリンダーの注射を左右計4本刺される。
薬を飲んだものの、意識がはっきりしているので、少し緊張。

13:50  「ここ、痛い?ここ、押される感じする?途中ガガガ、と音が聞こえてくるけれど心配しないで。ぐいぐい押したり引っ張ったりもするけれど、痛くないはずだから。手術中、痛いと思ったら手を上げてね。」と一通り麻酔の効き具合と注意事項を確認し、手術開始。

先生に薦められたとおり、手術中はiphoneにイヤフォン持参で耳を塞いで音楽を聴いていました。
なるほど、不快な音があまり聞こえません。
手術の様子に目線を合わせなければ、痛みも無く、ただ口を開けているだけで楽ちんです。

だんだん精神安定剤が効いてきたのか、意識はあるけれど脈拍が落ち着いてきました。

手術が始まってしばらくすると、先生が引っ張った器具の先に白い小さな塊が見えたので左の歯が抜けたのだと分かりましたが、すぐにトレイに置かれてしまいました。

一般的に下の親不知は上の親不知より根が深いので抜歯も大変と聞き、自分の歯がどれだけ根深いのか、とても興味がありました。

次の歯は見逃さないようにと思って、ずっと待ち構えていたのですが、右の歯が抜かれた瞬間、目の前に白い塊が見えたのに、どうも視力のピントが合いません。
薬のせいかも?
歯はすぐに視野から消えてしまいました。

両方の歯茎をチクチク縫って、糸を切っておしまいです。
結局一部始終、眠らずに終わってしまいました。

「無事終わりましたよ。
今日はうがいをしないでくださいね。
飲み物を飲むときはストローを使ってはいけませんよ。
このガーゼを噛んでずっと止血しててくださいね・・・・云々。
まあ術後の注意事項はキミに言ってもどうせ忘れるから、旦那さんに言っておきますね」と先生。
 (どうせ忘れるからって失礼な?それって冗談?)と思っていたら、確かに言われたことを一部忘れている・・・。
上記「云々」の箇所、何を言われたのか、ど〜しても思い出せません。
薬のせいだそうです。

私:「フーマーティース?」口全体、麻酔でしびれて話せない。
先生:「Huh?  What did you say? (はあ?何?)」
私:「フアーマーティース?(Where are my teeth?)」言いながら手振りでも説明。
先生:「ああ、歯のこと?捨てましたよ」先生、薬が効いて変なことを言う患者だと思っているような表情。

抜歯した親不知、じっくり見ることができず残念。
憎き虫歯の点も見てみたかったし、家に持ち帰って子供達にも見せてあげたかったのに。
(ほら〜これが虫歯。痛いのよ〜。ちゃんと歯磨きしないとね。ってレクチャーするつもりだったりして)

後日そのことを夫に言ったら、
「What kind of sick are you??(抜いた歯を見たいなんて気持ち悪い。しかも子供達に見せたいなんて正気?!)」との返答が。
カナダでは、抜いた歯はすぐ捨ててしまう??

乳歯が抜けたら、その夜枕の下に置いておくとトゥースフェアリーがお金に替えてくれるというのに。

私が中学生のとき、歯医者さんが抜いた歯を洗って見せてくれて、確か記念に持ち帰らせてくれたと思うのですが、それって日本の文化?

抜歯ストーリー独り言日記3へ続く・・・

Wednesday, December 1, 2010

バービーのマーメイド衣装2

先日、バービーの着せ替え用にマーメイドのセットを作りました。
http://colorsinbloomdeco.blogspot.com/2010/11/blog-post_10.html

子供たちは大喜びで、毎日遊んでいます。
ある日、家に遊びにきたお友達がそれを見て、とても気に入ってくれた様子。
「私にも作って〜〜!」というリクエストに、3セット目を作りました。

ところが、やや小柄なバービーを基準に裁断していたため、お友達のバービーに試着させてみたところ、ヒップにフィットしない結果となりました。
お友達のバービーはゴージャスボディーの持ち主だったようです。

家にも20体以上のバービーがいますが、どの子も抜群のボディスタイル。
しかしよく見るとバストが大きいバービーもいれば、ヒップが小さいバービーもいて、全く同じではないということが分かりました。

そんな訳で合計4本を作りました。

さらに、前回作ったビキニはパーツが小さすぎて、遊んでいるとすぐに体からずれてしまう、と子供たちからクレームが!

***改善前のビキニ***

***改善後のビキニ***

新しいビキニはパーツを大きめに作り直しました。
スワロフスキーのラインストーンは遊んでいるうちに落ちてしまいそうです。
子供たちが寝ている間に1ドルショップのラインストーンに置き換えようと思います。
コットン綿入りの、ふっくらパッドのビキニは、バービーも喜んでくれることでしょう!?

One of a Kind ショー in トロント

今日はカナダ最大規模のクラフトショー、One of a Kind Christmas Show in To
rontoに行ってきました。

毎年クリスマスホリデーシーズン前にトロントのダウンタウンで開催されます。
カナダ全国からクラフト関係業者が集まり、様々なクラフト商品がお披露目されます。

このショーの存在は知っていましたが、私はトロント郊外の静かな町に住んでいる田舎者でして、ダウンタウンまで旅してショーを見に行く気になれず、毎年見逃していました。

私のクレイクラフトのことを知った友人が、是非見にいこうと誘ってくれました。
ダウンタウンの運転を怖がる私のため送迎までしてくださり、入場券もプレゼントしてくださいました。誕生日プレゼントのようです。大感謝です。

このショーの出店内容は、彫刻、陶芸、絵画、レザークラフト、スタンプ、フェルト、ニット、洋裁、インテリア、アクセサリー、アロマオイルやソープ、チョコレート、クッキー、アイデア商品など多岐に渡り、どれも質の高いクラフトと演出ばかり。

何百ものブースがドミノのように並んだ会場はゆっくり見ながら歩いて2時間ほどで回れます。
いつかクレイクラフトの出店をしてみては?と友人に薦められましたが、出店スペースコストだけで数千ドルとか。
私のような個人アーティストは足下にも及ばない規模でございます。

普段私が手にするほとんどの物は、大手メーカーの大量生産品ばかりなのので、One of a Kind(「他にはない唯一の」という意味)のクラフトに触れることができたのは、とても新鮮で面白い経験でした。

友人はお醤油を入れる小さな小皿を探しており、日本の陶芸アーティストのお店で購入していました。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...