Monday, February 28, 2011

白x赤 芍薬アレンジ

普段はパステルカラーの組み合わせが多いのですが、白x緑や白x赤のビビッドな組み合わせも大好きです。

芍薬のボールアレンジです。
360度どこからでも、一応見られるようにお花が贅沢に埋まっています。

普段はクレイのみで作ることが多いのですが、今回はフィラーに副資材でアスパラグリーンとホワイトレースフラワーを用いました。

ところで、このホワイトレースフラワー、日本ではお花屋さんで売っていたり、フラワーアレンジに使われていたような記憶がありますが(気のせいかしら)・・・。
こちらカナダでは、ただの白い雑草??
春から夏にかけて公園の脇やラビーン沿いの散歩道など、雑草が鬱蒼と茂る中に紛れてホワイトレースフラワーも咲いています。
近くで見ると、かすみ草のように細かい白いお花がぎゅっと集まって可愛らしいです。

英語の正式名は"queen Anne's lace"と、気高い印象を受けますが。
こちらのお花屋さんで売っているのを見かけたことがありません。



Wednesday, February 23, 2011

マーラーカオ

先日友人と飲茶ランチに行き、デザートにマーラーカオ(中国カステラ)をオーダーしました。
久しぶりに戴いたら、とても美味しくて、一緒にいた次女も気に入ったようす。

それ以来、マーラーカオにはまってしまい、家で作ってみることにしました。
たまたま持っていた古いお菓子本に「中国風カステラ」というレシピが載っていたのを思い出したのです。

寝かせたり蒸したり、ちょっと時間と道具を使いますが、まあ許容範囲。
ふわふわ卵4個分。
絵本「ぐりとぐら」に登場するケーキみたい。
お店で食べるマーラーカオはもっと黄色かったような・・・。

今日はお友達が遊びにきたので、雪でひと遊びしてからおやつタイム。
 

円形で作ったので切り方に迷いましたが、レストランで戴いたマーラーカオ風に四角に切ってみました。
 
冷めてもふわふわでとても美味しかったです。
 
本当はもっと大きな穴がぷつぷつと全体に出来て、もっとフワフワなマーラーカオにするのがポイントらしいです。次回の課題。

あまりにも軽くて、空気を食べているような感覚に。
美味しいので食べ過ぎ注意のおやつかも★

Sunday, February 20, 2011

なまくび くっつく

先日作った雛人形のお顔をボディーにつけて仕上げました。
 
それとなーく、雛人形に見えるでしょうか??
サイズはミニミニで、高さ15cm弱。

我が家の雛人形はバレンタインが終わった頃に出そうと思っていたので、まだ背景がなくて残念ですが。
 
お雛様の袖には両サイドにお花のエンボス加工を施しました 。
笏、扇、金色の髪飾り以外は、全てクレイから作っています。
 
全てクレイで着物を表現するのは難しいので、色や柄で雰囲気が伝わればいいかな〜と。
 
一番綺麗に描けたお顔のお雛様です。
 
この雛人形は、とても大切な方にお贈りします。
発送用にちょうど良い箱があったので箱詰めにして。
 
お人形を頑丈に梱包して隙間を埋め、これから発送します。

他の雛人形も完成したら、いつの日かご紹介しま〜す。

Monday, February 14, 2011

バレンタインに生チョコ

今年のバレンタインは月曜日ということもあり、素敵なレストランでの外食もなく、次の機会に見送りです。

今日はチョコレートケーキを作る時間がなく、生チョコを作りました。
口の中です〜っと滑らかに溶ける生チョコは、夫も子供たちも大好きなスウィーツの一つ。

チョコレートを細かく砕くのが面倒なので頻繁には作りませんが、たまに食べると美味しいです。

夫にはこちら。

いつもお世話になっている友人達にも。
  
ちょうど良いサイズの箱がなく、タッパーに入れるのも嫌だったので、使い捨ての箱を少し厚めの紙で折って作りました。
サイズを数ミリ変えて、蓋も作ってみました。

参考にさせて頂いた折り方はこちら。
折り紙の折り方

今日使った製菓用チョコはセミスウィートです。
 
甘すぎず、少しほろ苦さが残っていて好きです。

Sunday, February 13, 2011

なまくび ならぶ

生首、並んでます。
 
これだけ並ぶとちょっと不気味。

ずっと前からやりたかったプロジェクト、時間がなくてなかなか出来なかったのですが、やっと取りかかることができました。
雛人形クレイプロジェクトです。

顔が命の雛人形、まずは頭から作り始めます。
 
左がお内裏様、右がお雛様(のつもり)。

粘土が乾いてからお顔を描き入れます。
 
・・・が、何度やっても難し〜い!

頭の長さ約2cm、細筆を持つ手が震え、描き入れる瞬間は息が止まってしまいます。
何千体とも作り上げる人形師さんは、やはりスゴいです。


次に髪結いをつけます。
なんだかカツラを被せているような気分。
 
こちら、男性陣。
どれも違った趣向のお顔になりました。
ちなみに私は中央のお方がタイプ♥

 
こちら女性陣。
左から二番目が一番可愛いお顔に仕上がったかと。
中央のお方は殿上眉を入れるのを忘れてました。

殿上眉(引き眉)を描く場合は、普通の眉毛は要らないのだろうか・・・?
普通の眉も濃いめの色で描いてしまいました。

私が描くと、どうも現代風雛のお顔になってしまいます。

ボディーとの合体は、後日記事でご紹介しま〜す。

ある朝の悲劇 再び

またしてもやってもうた。

昨夜予約タイマーでホームベーカリーをセットしていました。
朝起きてパンの焼ける匂いがしないので、不吉な予感が・・・。

イーストを入れ忘れ、悲劇のパンが焼き上がった先日、二度と同じ過ちは犯すまいと心に誓ったのに。
その記事はこちら。
http://colorsinbloomdeco.blogspot.com/2011/01/blog-post_18.html
あの日からまだ間もないうち、再びイーストを入れ忘れるというミスをしました。

情けない気持ちでいっぱいになりつつ、今回は焼きたてをカメラに収めました。
 
ソフト食パンができあがるはずが・・・小麦粉の四角い塊に。
前回の塊はゴミ箱直行でしたが、今回は悔しさもあり、どうにかこうにか処理できないものかと考えました。
とりあえず、塊の中に埋もれたパン羽根を取り出さないといけないので、パンきり包丁で薄〜くスライス。
なんとなく中が生焼けのような気がするので、スライスしたパンをアルミホイルで上下カバーし、オーブントースターに並べて20分ほど焼いてみました。
ジャムを塗って、クリームチーズを添え、無理矢理食卓へ。
 
長女はこの薄切りパンを見た途端、
「ママ、またパン失敗したの〜??」と突っ込んできました。
「ううん、このパンわざと作ってみたのよ。薄いけれど食べ応えあるでしょ?」と苦し紛れに回答したら、子供たちは特に何も言わず普通に食べていました。
良かった。

お弁当は再び急遽ワッフル卵サンドに変更しました。

コチラ、友人のお義母さまが作られたアプリコットジャム。
クリームチーズと合わせて戴くと、とても美味しいで〜す。

 
トースターでカリッと焼いたら、まあ食べられる気がします。
この薄切り1枚で、食パン8枚切りの1枚分相当のはず?
大きさ、薄さにしては、腹持ちの良い食品であることは確か。

次回同じミスをしたら、この方法で乗り切ろうと思います。
それよりも、同じミスをしないように、予約タイマーのときは入念にチェックせねば。

Thursday, February 10, 2011

バレンタイン♥ノート

日本では今でもバレンタインの日に女の子から男の子へ、女性から男性へ、チョコレートを贈るのが一般的?
北米では主に男性から女性、またはお互いに、花束やチョコレート菓子などを交換しているように思います。
家族同士、友人同士、性別に関係なく「愛」を感じる人には何か贈ろう!という雰囲気です。

子供達の学校では、クラスメイトと小さなカード交換をするのが一般的。
カード交換や小さなバレンタインパーティの時間が設けられ、父兄から差し入れのお菓子を食べることもあるようです。

今年からは次女も学校でカード交換を始めます。
ところが、自分の名前すら書くことの出来ない次女が、クラスメイト一人一人の名前を小さなカード(約3~4cm四方)のスペースに書き入れられる訳がありません。
かといって、お友達と交換するカードを親が宛名&差出人の名前を全部書くのもなぁと思っていました。
私が薄く下書きして次女になぞらせる手も考えましたが、私も20枚以上も書かないといけないし(面倒!)、名前を書くスペースが小さいので、次女にはほぼ不可能。

そこで、今年は次女用カードを手作りにしました。
といっても、イラストレーターで絵を描き、名前を入れて印刷しただけ。
 
市販のカード同様、ミニサイズで二つ折り。
カード表には「○○ちゃん/○○くんへ」と宛名入り。

 
カード裏は「○○(次女の名前)より」と差出人の名前入り。

宛名と差出人の名前は、薄い色で、字のフォントサイズは次女でも簡単になぞれる大きさにしました。

 
カード表(左)とカード裏(右)

カードを開くと・・・
バレンタインらしく、♥ハート♥の迷路にしました。
うふっ♡ 可愛い♡

イメージ的には、カード表の小鳥がハートの迷路をくぐり抜け、ゴールの小鳥に会いに行き、カード裏で二羽がチュッと♡
ハートが飛ぶスウィートなストーリーとなっております。

ところで、バレンタインカードのメッセージで一般的なのは、
*Happy Valentine's Day! (バレンタインおめでとう!)
*Best Friends Forever!(友情永遠に!)
*Love you!(大好き!)
*Be Mine!(私のものになって!)
・・・こんな感じですが、

カードに何を書いたって、3歳児が読むわけないだろうと思い、せめてカードがゴミ箱に入る前に、子供達に少しでも楽しんでもらえたら、と考えました。
3歳児の目で直感的に「迷路」だと分かってもらえるといいのですが。

次女にカードを見せたら、「鳥さん、かわい〜い!」と喜んでくれました。
薄字の宛名も次女なりに一生懸命なぞってくれ、よかったよかった。
何枚もあるので、数日に分けて作業です。
 
クラス用にロリポップ。

7歳の長女にも、同じデザインのカード(言語は変えて)を作ろうか打診したところ、即却下。
「やだ、男の子に「だいすき」なんて。キスしてるし、気持ちわるい。迷路も簡単すぎてつまらない」との理由。
最近長女はますます厳しい意見ばかりですが、娘二人とも各年齢に沿った純情率直な感想が面白いです。

長女の学校ではカードにロリポップを添えようと思っていたのですが、カードをやめてハートの折り紙にしました。
 
ハートに見えるかな??
長女でも簡単にできる折り紙なので、せっせとクラスメイト18人分、手分けして作りました。
 
ハートの輪にロリポップを2種入れて、テープで留めて出来上がり!

毎年バレンタインぎりぎりにカードやトリートを買いにアタフタしていた私ですが、今年は余裕を持って準備できました。

Wednesday, February 2, 2011

こどもとパン作り

今日はスノーストーム警報が出され、トロントの多くの学校、スクールバスは閉鎖キャンセルされました。
今朝7時に次女の学校が閉鎖、長女のスクールバスがキャンセルになったと確認しました。
長女の学校は閉鎖ではなかったけれど、本人は既にウキウキ休みモード。
連れて行くのが面倒で(ダメ親)、休ませることにしました。

学校が休みとはいえ、ずっとテレビ、コンピューター、ゲームをされては困るので、午前中宿題をやらせてから、午後はクッキングクラスを開催〜。


今日はパンを作りました。
ホームベーカリーで作った生地1斤分を子供たちと成形します。

 
シナモンロールのカタツムリ、お魚、蛙、ハリネズミ、クマさんなど。

 
お魚の鱗にはスライスアーモンドを使いたかったのだけれど、在庫がなくてコーンフレークを刺しました。

 
ハリネズミくんはハサミでちょきちょき。

 
今日はやや膨らみ過ぎ。
焼き上がり、思い通りの顔には絶対ならないクマさん。豚かイノシシ?に見える。
ハリネズミは河豚??

 
一番下は次女の蛙。目玉はシリアルのチェリオで。

 
たくさんパンが焼き上がりました★

 
待ちきれずに子供たちの手がパンに伸びます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...