Tuesday, February 28, 2012

子供と一緒に手作り絵本2

先日普段使っているノートのHDDが突然不能になるアクシデントがあり、過去数ヶ月分のデータが全て飛んでしまうという悲劇を経験しました。
クラウド上にあった写真やメールの一部を除き、過去数ヶ月のデータが全消滅。涙
復旧作業の甲斐なく、筆舌に尽くし難い絶望感をジリジリ噛みしめています。ひ〜ん。
数ヶ月バックアップを怠っていたので、自業自得か。

そんなわけで続編予告していた記事がほとんどアップできずにいるのですが、これだけはセーフでした。

気を改めて、子供と一緒に手作り絵本、作り方編♪

作り方自体はとても簡単なのですが、うまく説明できるかしら〜(ドキドキ) 。
コメント欄を追加しておきますので、ご不明な点はお問い合わせくださいませね。

<準備するもの>
長方形の紙(サイズ自由)
はさみ

<作り方>
1. 写真のように紙を横長に置き、上下半分に折り、開く

2. 左右半分に折り、
 
開く。
紙を開くと縦横の折り筋が十字についているはず。

3.  十字線が山折りの状態で紙を置き、2.の縦中央線に向かって左右を半分に折る(谷折り)
折ったら、再び紙を開く

4. 2.で作った折り筋に従って紙を半分にたたみ、中央に写真のようにハサミで切り込みを入れる
   (はさみが示している部分を切り込み)

5. 紙を再び開き、1〜2.で折った十字線が山折りの状態で紙を置く

切り込みはこんな風に入るはず

6.. 紙の左右辺を両手で持ち、紙を折り筋に従わせながら手を中央に寄せると・・・
こんな形になっていくはず。
上部から見るとこんな感じ

更に左右辺を中央に寄せていくと

4枚、計8ページの本の出来上がり

7. 各ページ折り筋をキュッと押さえて完成!

4コマ漫画2話分なので、ストーリーを書くときはオチを合わせるのに頭を使います。笑
でも子供達は張り切って上手に描いてくれます。

メモ帳サイズでブランク本を作り置きし、即席メッセージを子供達のランチボックスに忍ばせることも。
 
こちら、長女へのラブメッセージ♡
「今日のおやつはバナナケーキ」
 

こちら、長女が次女の本読み練習用に作ってくれたもの


Monday, February 27, 2012

テレびとムーびと 勝手にテレビその他部門評価2011

「つくること」とは全く関係のないトピック、テレびとムーびと 勝手にテレビその他部門評価2011です。

ドラマ以外で観るテレビ番組といえば、ニュース、ドキュメンタリー、リアリティ番組など。
パソコンをしながらBGM代わりにつけていたり、頭を完全にスイッチオフしてぼ〜っと観たりしています。

星3つ
HBO特番 Lady Gaga Monster Ball Tour at Madison Square Garden
コンサート一部始終と舞台裏のLady Gaga。
異色すぎる性格から学生時代はいじめられていたとか。
確かに異色な部分はあるけれど、優れた歌唱力とパフォーマンスの持ち主だと実感できる。
華奢だけれどバックダンサー達に負けない存在感とカリスマはさすが!

星2.5こ
Real Time with Bill Maher
内容に関しては過去記事コチラから。
2012年11月のアメリカ大統領選の共和党候補者争いについては、ビルもネタが尽きない。
最近ジョークが過熱してきている気がするのは単にでっち上げでなく、共和党候補メンバーの実の発言行動を元にしているから怖い。

So You Think You Can Dance? シーズン8
アメリカ各地のダンスオーディションを勝ち抜いた若者ダンサーが、プロ振り付け師の元、様々なジャンルのダンスをマスターしてステージで演技する。
毎週勝ち抜き戦で、最終勝者は視聴者による人気投票で選ばれる。
シーズン8は地味だったけれど、個人的には歌番組よりこの番組の方が好き。

The Celebrity Apprentice (The Apprentice シーズン11)
内容に関しては過去記事コチラから。
挑戦者はB級クラス著名人なので私は知らない人が多い。
リアリティ番組とはいえセレブ版だけにゴーストプロジェクトマネージャーの存在や脚本演出があるのでは。
参加者の性格珍行動は十人十色で、ビジネス&マネジメントセンスより、役員室討論においてアグレッシブでメモラブルな人間でないと勝ち残れない、というのがシーズンごとに重みを増してきている。
"You are fired!"の一言で有名なNYの富豪実業家Donald Trump、年末の共和党討論会の進行役では自分がfiredされたんじゃ?!
大統領選出馬を臭わせたり、党派を変更したり、相変わらずのお騒がせワンマンショーを公私ともに繰り広げている。

星2つ
American Idol シーズン10
日本語の意味する「アイドル」とは異なり、アメリカの国民的レコーディングアーティストを生み出すリアリティ番組。各都市オーディションを勝ち抜いた若者達が毎週ステージで歌を披露する。
視聴者の投票による勝ち抜き戦。
最終メンバーには確かに歌唱力のある人が残るけれど、純粋に「歌唱力」というよりは人気投票になりがち(ここ数年は投票数を集めやすい若いアイドル的男子が勝者)
毒舌批評で有名なSimon Cowellが審査員から抜け、新たにSteven Tyler、Jennifer Lopezが加わったが、新審査員メンバーでも続けていけそうな印象で終わった。

Hell's kitchen USA シーズン9
世界的に有名なイギリス人シェフGordon Ramsey率いるHell's kitchenレストランで、スキルを試されながら働く挑戦者達。毎週勝ち抜き戦で、最終勝者には一流レストランのヘッドシェフの職が保証される。
「犬の朝飯の方がマシだ!」「動け、のろま!」等、挑戦者達に浴びせられるRamseyの罵倒罵声は放送禁止用語でピー音だらけ。
一日の最後に各チーム脱落者選出ミーティングが設けられるが、チームの選出者が誰であろうと結局はRamseyが心に決めていた者が脱落していく。ミーティングの時間が無駄では?笑
シーズンを重ねるごとに各所にヤラセを臭わせるリアリティ番組の傾向があり、挑戦者達は実は役者なのかな?と疑問に思うことも。

Kitchen Nightmares シーズン4
破産寸前のレストランを訪れ、Gordon Ramseyが救世主のごとくビジネスを立て直すリアリティ番組。
様々なレストランのずさんな衛生状態を観ると、外食するのが怖くなる。
シーズンを増すごとにRamseyのリアクションも演出も大袈裟になっていくのは気のせい?
初日は問題山積みだったのに、数日後には無理矢理一件落着してしまうところが、ハッピーエンド好きなアメリカ番組らしい。
イギリス版ではRamseyが毎度カメラの前でシェフジャケットに着替えるシーンがあるのだけれど、アメリカでは受けないのかな?笑

The X Factor USA
American Idoleの審査員だったSimon Cowellプロデュースのオーディションリアリティ番組。
イギリス版がいよいよアメリカに上陸し、国民の期待大だったらしい。
American Idolにとても似ているが、歌唱力よりもX-factor(特別な何か)を持ち合わせ、総合評価でレコーディングアーティストとして売れそうな人物が最終勝者となる。
審査員兼メンター(師匠)メンバーがどれもメンターとしての力量発揮していないか素質なし。
司会進行者も上手く噛み合っていないし、脱落者選出のルールも改善すべき。
American IdolもX Factorも五十歩百歩といったところ。

Sunday, February 19, 2012

バレンタイン★レッスンレポ1

レッスン風景と共に完成作品のレポです。

今回はシンプルかつモダンシックな白の花器にお花をアレンジしました。
 
スウィーツを乗せてバレンタインパーティやテーブルのムードアップに♡
チョコやメッセージカードを添えて大切な方へのプレゼントに♡
アクセサリートレーとしてパウダールームに♡

などなど、使い道は色々。
 
ロマンチックな演出は、したことも無ければ、してもらったことも無いので(汗)、毎年どうも陳腐な演出しか頭に浮かばないのですが、

バレンタインといえば・・・
 
シャンパンと苺とチョコと薔薇とハート?笑

さて、レッスンの方はというと・・・。

まずはご自分のお好きなバレンタインカラーをイメージして頂き、クレイの色付けから始まります。
レッスン日に飾っていたサンプル作品の影響もありますが、人気カラーだったのは、ピンク、赤、白、紫、チョコレート色でした。

クレイの色作りには、絵の具などを一切使わず、プライマリーカラー(赤、青、黄色)のクレイと白のクレイを混ぜ捏ねするだけ。

同時に参加されたAさんとBさんのピンク色は、同じように作っても微妙な配合の違いにより、全く同じピンク色には仕上がらないのです。

「ただピンク色といっても数えきれないほど色々なピンクが存在するのですね〜」と納得されていました。

ソフトクレイを初めて触られた方々からは、

「マシュマロを触っているみたいにフワフワで癒される」
「しっとり感が気持ちいい」
「こんなに伸びが良くて軽いクレイは初めて」

などなど、いつも喜びの感想をくださいます。
写真で見るだけと実際指で触れてみるのとでは大きく異なりますものね。

こちら、お召しになっているセーターと同じピンク色を作りたい、と具体的なイメージをくださり、見事同じ色の薔薇(写真右下)を作られました。
 
ほとんどお手伝いなしで、とても綺麗な薔薇を組み立てられました

  
続々と素敵なバレンタインカラーの作品が完成しました。
  
ビビッドピンク x ディープレッド
ブラウンのリボンがアクセントになって素敵。 

 
ピンク2種 x パープル
バラ3輪とパープルのリボンでとても清楚なイメージです♡

ショッキングピンク x ダークチョコ
チョコレートの薔薇は思わず食べたくなります!
写真では見えませんが赤のリボンが全体をぐっと引き締めていました♡

 
ソフト系ピンク2種
優しいお色がなんとも素敵♡
他のクレイでも薔薇を作られたことがあるとのことで、さすが美しく丁寧です。

 
主張系ピンク2種
リボン選びに悩み悩み、最後にブラウンをお選びになりました。
完成作品と異なる写真ですが・・・。


遠方からお越しの方もいらっしゃり、本当にありがとうございました。
そして、お疲れさまでした。
またクレイをこねこね、楽しいお喋りをご一緒させてくださいね♪

バレンタイン★レッスンレポ2へ続く

ランキングに参加してみました!
以下のアイコンをクリックして頂くとランキングに投票されるそうです。
クリックして頂けるとうれしいです♪
 にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

バレンタイン・・・でしたね

学校でのバレンタインカード交換用に、今年は子供達とこんなものを作っていました♡

去年のバレンタインカード交換には、ロリポップを折り紙のハートで束ねたのですが、今年も折り紙でハートを作ることに。
 
女の子には紫/ピンク/オレンジ
男の子は青/緑
ペンの色まで決める長女。笑

子供たちが通っている学校では「ヘルシーな食生活」をモットーとしており、イベントでの交換用お菓子の持ち込みを禁止しています。
食物アレルギーの多様化、個々の家庭により方針も様々なので、それはそれで良いことかと。

バレンタインの前の週に、担任の先生から
「手作りまたは市販カード、食べ物以外のトリートであればクラスで交換しても良いですよ」
という連絡が入りました。

「食べ物以外のトリート」というのは主に文房具(鉛筆、消しゴム、メモ帳、シールなど)のこと。
イベント時期には、テーマに沿ったファンシーなミニアイテムが配布用セットになって、どこのお店にも並んでいます。

ところで、こういう類の文房具・・・可愛いのだけれど実用品としては少々使い難い品質。
すべてとはいいませんが、ほとんどの物は・・・

*紙が汚れる消しゴム
消す場所を擦れば擦るほど、誤字が紙に広がる

*削るとすぐ芯が折れる鉛筆
削りにくい木材のうえ、芯が中心にないことが多い。
付属の消しゴムは論外で、Hレベルの薄さは子供に不向き

*信用できないボールペン
電話中など肝心な時に限ってインクが出なくなる!汗

*新聞紙のように薄い紙のメモ帳
環境に優しい再生紙なのだろうけれど、鉛筆の字が浮くような表面加工
薄くて消しゴムを使うのはまず無理

*粘着の弱いシール、剥離紙から剥がすときイラストの一部が破れてしまうシール
細部までカット加
工が施されていないみたい?

我が家では、戴いた文房具は有り難く見て楽しみ♡、実用の筆記具には日本の良質な文房具を使用しています。


話が大きく逸れましたが、小2の長女でも簡単に折れるハートの折り方はおりがみくらぶから。
スタンドのようになります。
名前やメッセージを書いて出来上がり。

当然、次女も姉の作品を見て同じように作りたがります。
でも、オリジナルの折り方では少し難しいので、次女用に折り方を簡略化してみたところ・・・
左:簡略ハートスタンド 右:オリジナルはーとすたんど(おりがみくらぶ)

ほぼ同じに仕上がりました♡

去年のハート飾りより簡単なので、作業時間が短縮されて子供たちも根をあげず最後まで作ってくれました。

バレンタインにはクラスメイトから素敵なカードがたくさん集まりました。
手作りのラブリーなカードをくれたお友達も沢山。心が温まります♡

 
ランキングに参加してみました!
以下のアイコンをクリックして頂くとランキングに投票されるそうです。
クリックして頂けるとうれしいです♪
 にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ

Saturday, February 11, 2012

テレびとムーびと 勝手に映画評価2011

2011年内にアップするつもりが、遅れに遅れたテレびとムーびと勝手に評価、映画部門です。

映画は大量に観ているので、インパクトがないとすぐ忘れてしまうのですが、総合的に「良いエンターテインメントだった」と思える映画で、心に残った作品を、アクション/ドラマ/ドキュメンタリーの3部門に分けて、勝手に評価してみます。

2011年劇場公開映画ではなく、あくまで私が2011年に観たものなので、一部古い映画も入ります。
今回は画像は省略しますが、IMDb(Internet Movie Database)のリンクを貼っておきま〜す。


*アクションドラマ部門*

★星4つ★
Inception (2010)
レオナルド・ディカプリオ主演
少し複雑なストーリーセッティングなので、携帯などは消音にして集中して観ないと。
クライマックスにかけてアクションもなかなかの見応え。

The Town (2010) 
ベンアフ主演&監督
私はあまり好きではない俳優さんなのですが、感情移入度が比較的高くドキドキのアクションストーリーで、ベンアフ作品の中では評価高め。

Battle LA (2011)
SFなので、ストーリーセッティングに気持ちを持って行くまでに少し時間がかかったけれど、アクションシーンはまあまあの見応え。

Super 8 (2011)
売れっ子監督JJエイブラムスが手掛けた映画。
子役がメインの映画はどうかな〜?と思ったけれど、どの役者さんもなかなかの演技で、個人的には期待を上回る作品。

★星3つ★
Monsters (2010) (シャーリーズの"Monster"とは違います)
インディーズ作品?
題名から連想するイメージとは少し離れた視点で、視聴後の穏やかな余韻とともに「あれってラブストーリーだった?」と思わず自問してしまいそう。

Source Code (2011)
ジェイク・ジレンハール主演
単純だけれどユニークなストーリーセッティング。
夢のような現実のような、繰り返されるデジャブの中で何かを探って行くような感覚に陥りました・・・見た人ならこの感覚に頷けるはず!?

Unstoppable(2010)
デンゼル・ワシントン主演
"クレイジーエイツ"で有名な2001年オハイオ州で起きた電車暴走事故の実話を元に展開。
先が少し読めてしまうかもしれないけれど、ハラハラするアクションストーリー。

Drive
今年か来年あたり世界で一番セクシーな俳優に選ばれるのでは?と私が勝手に予想する、主演ライアン・ゴスリングはカナダ・オンタリオ州出身。
孤独で寡黙な男を顔の表情だけで演技。 
題名からしてカーチェイスアクションかと思いきや、意外なラブクライムストーリー。
予告編と映画の主旨が著しく異なるといって訴訟を起こした人がいるってホント?!


*ドラマ部門*

★星4つ★
Contagion
世界中を恐怖に陥らせたウィルスの発生源は、ストーリーの最後に明かされ、なるほど〜と頷く結末。
フィクションだけれど、パンデミックと世界中の人々の反応がとても現実的で興味深い。
これからは念入りに手洗いとうがいをしようっと。

★星3.5つ★
Money Ball
オークランド・アスレティクスのジェネラルマネージャー、ビリー・ビーンの実話を基に書かれたストーリー。
主演のブラピさま、中年男の葛藤を名演。
個人的には、映画中盤とエンディングで流れるビリーの娘ケイシー(ケリス・ドーシー)の歌がストーリーにピッタリで、オリジナルのLenkaバージョンに勝るのでは?と思うくらい印象的。

Black Swan (2010)
アカデミー賞主演女優賞に輝いたナタリーポートマン、迫真の演技。
ちょっと先が読めてしまうストーリーだけれど、「白鳥の湖」の荘厳なメロディーと壮美な振りが、こんなサスペンスにマッチするなんてあまりない作品かも。


The Ides of March
政界の裏を垣間見れるような、人と人との駆け引きや、意外なストーリー展開は興味深く見応えあり。
主演ライアン・ゴスリングと共演&監督ジョージ・クルーニー。

The Way Back (2010)
実話を元に書かれたフィクションで、第二次世界大戦中、共産主義のシベリア収容所から脱出し、自由の国インドまでをひたすら歩いた男達のストーリー。
気の遠くなるような長い旅路を不屈の精神、美しい友情と助け合いで乗り切った、まさに死中求活の男達に大拍手。

★星3つ★
The Adjustment Bureau
若手政治家が運命に逆らってまで一目惚れの女性を懸命に追いかけるところ、主演マット・デイモンだから絵になるようなものの・・・。これがギングリッチだったら笑ってしまう。

The Social Network (2010)
facebookのCEOマーク・ザッカーバーグの半生を書いたストーリー。
あまりにも有名な人の実話なので、予想通りの内容だったけれど、心に残る作品の一つ。
サブタイトル"You don't get to 500 million friends without making a few enemies"はピッタリだけれど、トップに立つ人には些か当然の表現かと。

Melancholia
どこかの美術館を訪れたような気分に浸れる冒頭約5分の美しい音楽と絵は、映画の最後に、なるほど意味をもたらすのだと分かる。
いつストーリーが始まる?とせっかちな疑問をぶつけそうになるので、ゆったりとした気分の時に観た方がいいかも。
主演カースティン・ダンストがメランコリーな女性を名演。


*ドキュメンタリー部門*

★星3つ★
Inside job (2010)
マット・デイモンが低い美声でナレーション。
世界金融危機を徹底究明。
マイケル・ムーアのドキュメンタリーのような面白さや捻りに欠けるかもしれないけれど、事実を公平かつ客観的に伝えるドキュメンタリーで印象的。

Waiting for superman (2010)
アメリカの教育システム(公立校)の実態と深刻な問題を実例とともに伝える。
国の将来を担う大事な子供達は、居住地や家庭の収入に関わらず、みな平等に質の良い教育を受けられるべきなのに、問題が改善されない限りアメリカの貧富格差は更に広がるばかりでは・・・と子供を持つ親として非常に考えさせられる映画。


テレびとムーびと 勝手にテレビその他部門評価2011へ続く・・・

ランキングに参加してみました!
以下のアイコンをクリックして頂くとランキングに投票されるそうです。
クリックして頂けるとうれしいです♪
 にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

Monday, February 6, 2012

福は内、鬼も内で

日本を離れて暮らしているせいか、日本行事があやふやになってきている我が家。

かといって、カナダの行事も全てこなしているわけではないのですが。
啓蟄にどことなく似た2月2日グラウンドホッグデー、特に何もしませんでしたが、雪融けの我が家の芝生に早々緑色の雑草を発見したので、今年の春は例年より早く訪れるかも・・・と勝手に予想しています。

翌日2月3日の節分は子供達が喜ぶので、毎年ささやかな節分行事をしています。
日本から美味しい節分豆が送られてくるのですが、今年は間に合わず・・・。

普通の食料品店にて思い切って大豆を買ってみました。
 "Roasted soya nuts"という表示。1kgあたり$9.7
ローストしてある大豆で、塩無しタイプを選びました。
遺伝子組み換えかどうかは不明

こちらでは量り売りなので好きな分だけ買えて便利です。
お豆に光沢があるので、ローストする際、油を使っているのかも?
お味の方は、個人的に日本のお豆の方が煎り方も味もさっぱりしていて好きですが、このお豆も食べられなくもない。

日本の節分豆に比べると、かなり小粒ですが安価だし、思う存分豆まきも出来そう。
 
豆まきは寒いので、いつも家の中で
 掃除機も横にスタンバイ

子供達に豪快に撒かれてしまい、食べるお豆は数粒しか残りませんでした。

豆まきの後のご飯は・・・

 
恵方巻き(のつもりの細巻き)
気の利いた盛りつけ方がよく分からず、俵積みですが。汗

太巻きの中身(かんぴょう、デンブ、キュウリなど)が食べられない子供達のために、納豆、卵、梅干しの細巻きです。

恵方巻きは包丁を入れないでそのまま食べるといいますが、見た目的にど〜しても端を切り落としたくなります・・・。
長女のお弁当には、細巻きを切って詰めちゃいました。

さらに、我が家には巻物を食べない夫がいるので、 別メニューで鍋焼きうどん。
 
去年に比べると、HBで作るおうどんも少しは上達したかな?
パスタマシンが欲しいです・・・
ランキングに参加してみました!
以下のアイコンをクリックして頂くとランキングに投票されるそうです。
クリックして頂けるとうれしいです♪
 にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

Friday, February 3, 2012

子供と一緒に手作り絵本1

昨年9月から次女が英語の幼稚園に通い始め、母国語だったはずの日本語がどんどん英語に塗り替えられていく気がしてならない今日この頃。

本人なりに、英語は聞こえが良く格好良いものだという印象があるようです。
ぬいぐるみやバービーで独り遊びする時も、無理して片言の英語で話しているのを側で聞いていると笑えます。

カナダに住む以上、英語が一番大事なのは分かっているのですが、小さいうちにできるだけ日本語を詰め込んでおきたいと願っています。

でも、普段使わない日本語をどうやったら楽しく使って覚えられる?
小さな子供だから「楽しく」がポイント。
勉強しているつもりはないのに、気づいたら勉強してた?!が一番。

読み書きの練習にドリルや絵本はよく活用するのですが、子供がもっと興味を持ってくれるお勉強絵本が欲しかった。

というわけで、作ってみました。
A4サイズやレターサイズの紙とはさみだけで作ることができる絵本

長女が小学校1年生の時、先生から教えて頂いたミニ絵本の作り方なのですが(ありがとうございます)、それ以来、何かと大活躍。
  
反対ことば、同音異義語、つながりことばシリーズなど  

言葉と絵は主に私が担当し、色塗りは子供達。
子供に題材や絵をリクエストさせると、更に興味を示してくれます。
自分が描いたり色塗りした絵と言葉や文が入った絵本には、愛着心が生まれるようです。

本読みを嫌がっていた次女も、 少しずつ読むのに慣れてきたみたい。

クラフトタイムに子供と一緒に作ると、子供達は絵本作家になったつもりで大はりきり。
大人をビックリさせるような面白い絵本を作り出してくれます♪
 
次女4歳作

作り方へ続く。。。

ランキングに参加してみました!
以下のアイコンをクリックして頂くとランキングに投票されるそうです。
クリックして頂けるとうれしいです♪
 にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...