Friday, December 20, 2013

アマリリス観察日記 その1

我が家では、毎年アマリリスの球根セットを買ってきて、クリスマス頃に開花する大輪を眺めて楽しんでいます。

買った球根セットはこちら。
今年は赤で、Red Lionというものにしてみました。
Longo'sにて。

ところが!
買ったことを忘れ、買物袋に入れたまま放置していました。
ちなみに、クリスマス時期に開花を楽しみたいのであれば、12月初旬すぎに球根をセットするのがベストです。

アマリリスの観察日記を書いたことはないので、娘達と観察してみることにしました。

12月20日
球根が生きているかどうか、分からないまま急いでセット。


箱を開けると、球根、インスタントの土、鉢が入っています。
 
球根はカピカピに乾いている気がするけれど、ちゃんと咲いてくれるかな?

インスタントの土にお水を注ぎ、しばらく置いておきます。
 

土が水を吸い始めました。
 

30分後、余った水は流すと書いてありますが、余らなかったので、そのまま球根を植えます。
 

数週間放置していた球根ちゃん、ちゃんと芽が出てくれますように!
 

その2へ続く・・・
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

編み物熱、再開で、ニット帽作り

編み物熱が再開し、マフラーを2本完成後、まだ燃焼しきっていない間に子供用の帽子を作りました。

白い毛糸は手元にあったもので、かぎ針編みです。
円形なので、増し目などは適当です。
編んでいる途中、大きさや形を確認するため、次女りんこに試着させたら、家族からのコメントは「イスラム教徒がかぶっている帽子に似ている」と・・・。

そういわれると確かに。
Taquyah(ターキーヤ)と呼ばれるこの帽子、イスラム圏だけでなく、トロントでも冠っていらっしゃる方をよく見かけます。
画像はWikipediaより拝借

イスラム教の最大の予言者、神の使徒といわれるムハメドが常に頭を覆っていたことから、それに倣ってイスラム教徒はターキーヤをかぶっているのだとか。
地方や国によって帽子の名称は異なり、白い帽子はメッカ巡礼をしたことのある人がかぶるそうです。

話がかなり脱線しましたが(汗)、家族のコメントによりターキーヤにしか見えなくなってしまった帽子、当初からお花をつける予定でした。

以前からお花を作るのに苦戦していたのですが、イメージ通りのお花の作り方をYoutubeで発見!

ロシア語(とポイント部分は英語字幕入り)なのですが、言葉が全く分からなくても、素晴らしい解説により、見事にできました。 
 
初めに1本の鎖編みから、長いレースのように編みます。
 
それをお花に組み立てていきます。
 
可愛くできました。
 
裏から見たところはこんな感じ。


お花を白い帽子につけてみました。
 
お花がついている方から見る分には可愛い帽子なのだけれど・・・
反対側から見ると、やっぱりターキーヤかも?!

隙間があると真冬は寒いので、フリース生地で裏地を取り付けることに。
家の中の布在庫を探し、、、あったのはピンクの分厚いフリース布。

裏地をつけると、防寒はもとより、おでこや耳に触れる毛糸のチクチク感を無くすことができます。

フリース布を帽子と同じサイズの半円2枚分裁断し、縫い合わせるだけ。

フリース帽子の裏面を毛糸帽子の内側にはめ込み、周りをまつり縫いします。

 
かぎ針編みの穴からピンクが透けて見えて可愛いです。

これで、もうターキーヤには見えないはず?
 
 編み物熱、そろそろ冷え始めました。。。
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ

Thursday, December 12, 2013

編み物熱、再開で、マフラー作り

共通の趣味を持つ友人と話をしていたら、編み物の話になりました。

日々忙しくて、久しく毛糸に触れておらず、急に編み物をしてみたくなりました。
編み物は初心者のうえ、熱しやすく冷めやすい私は短期集中型なので、小物しか作れません。

まずは、義母と母のプレゼント用にマフラーの毛糸を買い、早速編んでみました。

Walmartのニッティングコーナーにて面白い毛糸を発見!
 
インディゴ x 水色 と ピンク x グレー
他にも色違いが数種ありました

お店の作品サンプルをじっくり見てみたものの、どうやって編むのだろう??と不思議だったのですが、買ってから作り方を見ると、実はとっても簡単。
 
単なる「ガーター編み」で、ゴージャスなフリルになるのです!

編み方はとっても簡単なのですが、毛糸を広げながら編まないといけないので、編み針を入れたり抜いたりに時間がかかります。
 
毛糸一玉でマフラー1作品ちょうど
 
集中すれば数時間で完成するので、私にはちょうどいいかも

この毛糸の素材はアクリルのようですが、コットンでガーゼのような糸だったら自分にも欲しいです。

娘達からも欲しいからもっと作って!とリクエストが入り、冬が終わる前にプレゼントしてあげようと思っています。
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ


Monday, December 9, 2013

ハルトンお正月会イベントのご案内

2014年1月12日(日)にオークビルで開催されるハルトンお正月会にクラフトブースの一つとして参加させていただくことになりました。

クレイアート Make It Take It イベント

ソフトクレイでお花のブローチを作り、その日のうちにお持ち帰りいただけます!
 
白カメリア
または
桜のブローチ

<日時>
2014年1月12日(日)
11:30 a.m.-2:00 p.m.(お正月会は11時開場~2時閉場)
数に限りがございますので、お早めにお越しくださいね

<場所>
OE Banquet Hall
2245 Speers rd, Oakville, Ontario L6L 6X8


講師がワンステップずつご指導しますので、クレイを触るのが初めての方でも安心です。
 
カメリアブローチ(勝手にシャネル風)
 
桜ブローチ(春よ早く来い!風)
 
ちりめん風の花びらは和の置き飾りとしても楽しめます

<ハルトンお正月会とは?>
今回で5周年を迎えるハルトンお正月会は、ハルトン地区在住の有志が運営しているイベント。
「ハルトン地区そしてその近郊に住む日本人の方々、又日本の文化等に興味のある方々と共にお正月の雰囲気を味わいながら楽しいひと時を過ごせたら」と、始めたのがきっかけだそうです。
入場者数は毎年記録的に伸び、2014年の会もオークビルの大きな会場を貸し切って開催されます。

 大人も子供も楽しめるステージ演目(餅つき、よさこい舞、和太鼓パフォーマンスなど)の他、日本のお正月にちなんだブース(書道、絵手紙、クラフト多種、 日本伝統の遊び、縁日遊び)、お寿司やカレーライス、餅、ケーキなど日本の食べ物が並ぶフードコート、日本関連企業のブース、獅子舞、お茶の体験などな ど、内容盛り沢山です。

・日時:2013年1月12日(日)午前11時~午後2時
・場所:OE Banquet Hall (2245 Speers Road, Oakville)
・参加費:大人$3、こども(4~12歳)$2 
詳しくはハルトンお正月会ウェブサイトをご覧ください。

みなさまのご来場を心よりお待ちしております!
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

Thursday, November 7, 2013

ホリデーシーズン向けクレイレッスンのご案内

colours in bloomではホリデーシーズン向けのクレイレッスンを企画しています。

ビギナーから上級者まで楽しめるクレイアートで、薔薇のオーナメントを作ります。
ホリデーシーズン特別価格でレッスンが開催されますので、どうぞお見逃しなく!

ソフトクレイで作り出す薔薇は紙のように軽く、生花のような美しさを半永久的にお楽しみ頂けます。
3〜6人程の少人数レッスンで、大輪の薔薇を2輪咲かせます。
手作りの薔薇でツリーを飾ったり、大切な方へのプレゼントに添えたりするのはいかがでしょうか?

紙のように薄い花びらを一枚一枚作り、蕾から組み立てていきます。
お道具類はこちらでご用意しておりますので、お気軽にお越しくださいませ。

<レッスン日時>
11月の月、火、木 10:00-12:00
12月の火、水、木 10:00-12:00 (12月最終日は18日となります)
1レッスン2時間で完結します。

3人以上の参加でご希望の日時をご予約頂いておりますが、3人未満の場合は、他の方のレッスンに合流して頂ける日もありますので、ご相談ください。

<料金>  
$30/おひとり(材料費全て込み)
<レッスン場所>
Oakville自宅教室 (最寄り交差点はDundas Street x 9th Line)
Hwy 403出口Dundas Streetより南西方面へ5分
Hwy QEW出口Ford Driveより北西方面へ10分
アクセス詳細はお申し込み頂いた際にご案内しております。

<お申し込み/お問い合わせ先>
colours in bloom
misaアットマークcoloursinbloom.com
(恐れ入りますが、「アットマーク」を@に置き換えてくださいませ)
 
基本の白薔薇一輪ともう一輪はお好きな色を選んで頂きます
  
プリザーブドローズのように軽く、生花より丈夫なのでオーナメントに最適


<ソフトクレイとは?>
樹脂を主原料とした超軽量粘土。
ノントキシックで、自然乾燥後はシュガークラフトのような質感で紙のように軽量になります。
しっとり上質で伸びがよく、色作りも簡単で作業のあいだ手を汚しません。  

マシュマロのように柔らかく、シルキータッチのクレイを指でこねたり、綺麗な色を眺めているだけで癒されます。

<当日お持ち頂く物>
作品お持ち帰り用のマチ付き手提げ袋、又はタッパーや空き箱などをお持ちください。

当方ペットはおりません。
アレルギーの心配がおありの方は、事前にお問い合わせくださいませ。
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ
にほんブログ村

Wednesday, November 6, 2013

ボトルデコフラワー

カナダではこれからホームパーティが多くなる季節。

ホストさんにもよりますが、ホームパーティにお呼ばれするとワインやシャンペンを手土産として持って行きます。

でも、既に他のゲストさんが持ってきたボトルでカウンターが埋め尽くされていることもあり、「ご招待してくださって、ありがとう」という一言カードをつけ無い限り、数ある中に紛れてしまいます。

ボトルを入れる袋はすぐポイされてしまうし、手みやげにカードをつけるのも誕生日ではあるまいし仰々しい?
そんなわけで、ありきたりになってしまう手土産ボトルをクレイのお花で飾り、印象アップしてみることにしました。

一輪でもアレンジすれば、見た目も華やかで喜ばれます。
 
クレイで作られた薔薇はとても軽量でリアル

 
 クリスマスの時期は、ホストさんのツリーにオーナメントとして
飾って頂いたり、ラッピングに再利用して頂けるかも

 
箱つきのボトルも、フラワーデコでぐんと華やかさが増します

これならば、袋もカードもなしで、そのままお洒落に手渡し出来ます。
後日、ホリデーシーズン向けワークショップのご案内をします!
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ

キッズ用エプロン、三角巾*完成*

キッズ用エプロンと三角巾が完成しました。
合計4着、少しずつデザインが異なるのですが、カタログ風に(写真があまり良くないけれど)ご紹介します。

元のデザインはこちらでした。

完成品、6〜8歳用キッズエプロン
 
ポケットは中央に置き、大きめのリボンをつけました 

同じサイズ、6〜8歳用キッズエプロン 
 
娘の希望により、三角巾の斜め上部にもリボンを配置
肩ひもはボタンでなく、ひもをボタンホールに通すタイプ
 
ポケットは片方に寄せ、リボンを付けました
ウエストのひもはボタン式


こちら、9歳〜15歳用キッズエプロン
私が一番気に入っているデザインで、左胸の大きめリボンがラヴリ〜
 
三角巾の後ろにもリボンがついています

実は胸のリボンは飾りで、肩ひもは裏のボタンで取り外せるようにしました。


もう一点、9歳〜15歳用キッズエプロン
 ラヴリーすぎるのが嫌いという長女のエプロンは極めてシンプルに。


三角巾はこんなデザインです。
後頭部がゴムなので、結んだり解いたりの煩わしさから解放されます。
 
裏面には滑り止め用のレーステープが付いているので、作業中にズリ落ちてくることも無いはず。
にほんブログ村 海外生活ブログ トロント情報へ

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...